シンポジウム 「ゲノム科学の統合的推進に向けて: 日本の計画・世界の計画」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


シンポジウム
「ゲノム科学の統合的推進に向けて:
日本の計画・世界の計画」
http://protein.gsc.riken.go.jp/sympo311/index.html

主 催:
日本学術会議生化学研究連絡委員会
日本学術会議生物物理学研究連絡委員会
理化学研究所ゲノム科学総合研究センター
共 催:
日本生化学会
日本生物物理学会

日 時: 3月11日(火)
場 所: 理化学研究所 横浜研究所 交流棟1階
(横浜市鶴見区末広町1丁目7?22)
参加費: 無料

プログラム:
10:00-10:10 開会の挨拶
安楽泰宏(生化学研究連絡委員会委員長)

座長 和田昭允(理研)
10:10-11:10「21世紀のゲノム研究の展望」
榊佳之(東大医科研,理研)
11:10-12:10「構造プロテオミクス研究の展開」
横山茂之(東大院理,理研)

座長 永井克也(阪大蛋白研)
13:30-14:00「機能プロテオミクス研究の戦略と動向」
礒辺俊明(都立大院理)
14:00-14:30「蛋白質間相互作用の網羅的解析:カタログ化から機能解析へ」伊藤隆司(金沢大がん研)

座長 倉光成紀(阪大院理)
14:30-15:00「タンパク質のバイオインフォマティックス」
中村春木(阪大蛋白研)
15:20-15:50「超分子複合体の構造生物学」
難波啓一(阪大院生命機能)

座長 中野明彦(理研)
15:50-16:20「システム生物学」
北野宏明 (ERATO,システム・バイオロジー研究機構,ソニー)
16:20-16:50「BT, IT, NTの融合によるゲノム医療の国際展開」新井賢一(東大医科研)

16:50-17:00 閉会の挨拶
郷信広(生物物理学研究連絡委員会委員長)

参加申込・詳細:
http://protein.gsc.riken.go.jp/sympo311/index.html

申込み時に、昼食予約・NMR棟見学会予約を承ります。お早めにお申込ください。

《問い合わせ先》〒230-0045横浜市鶴見区末広町1丁目7-22
理化学研究所ゲノム科学総合研究センター
タンパク質構造・機能研究グループ
TEL:045-507-2508 FAX:045-507-2509
sympo311@gsc.riken.go.jp