2003年度のわが国のバイオテクノロジー関連予算は、02年末に前倒し実施分の補正予算、交付金などを含めると4900億円規模となり、バイオテクノロジー関連予算への追い風は依然続いている。
 03年度の予算自体は、「ミレニアム・プロジェクト」の追い風があった00年度の伸び率から比べると01年度、02年度と徐々に緩やかになってきたものの、あいかわらず増加傾向は続いている。経済産業省、農林水産省、厚生労働省、文部科学省、環境省、警察庁のバイオ関連予算の総額は、02年度と比べ3.1%増加の2531億円だ。これに、文部科学省の競争的資金・交付金、経済産業省と農林水産省の独立行政法人への交付金、03年度予算のうち02年末に決められた補正予算で前倒しで実施された予算額を含めると、合計約4900億円と推定される。

 2003年度バイオ関連予算の詳細は、日経バイオテク2003年2月3日号バイオ・インテリジェンスに掲載した。


《お知らせ》

 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから (http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/nbt/index.html