??バイオ関係者の必読誌「日経バイオビジネス」
●「日経バイオビジネス」は、医薬・医療、食品、化成品、環境、ITなど幅広いバイオテクノロジー分野をカバーするバイオ専門情報誌。
●国内外のバイオの最新動向を捉えるとともに、技術、経営などあらゆる角度からバイオが進みゆく方向と可能性を提示します。
●高度な専門知識をもつ編集記者が独自の取材ネットワークと20年以上にわたり蓄積した情報データベースを駆使し、分析・評価・予測します。
●研究、開発、経営、企画、マーケティング、営業・・・すべてのバイオ関係者に求められる幅広い視野と本質を捉える確かな視点が、毎月届くこの1冊に--
???????????????????http://bio.nikkeibp.co.jp/

**「日経バイオビジネス」最新号(2003年1月号)*********
==============================
【特集1】「2003年バイオ大予測!」
==============================
2003年はバイオビジネスの成長度合いが一段と高まる転機の年になりそうだ。ヒトゲノム解読終了でバイオが再び注目され、BT戦略会議の大綱を受けたバイオ産業化の国家戦略が動き出す。一方、薬事法改正でインフラは整備され、遺伝子組み換え作物は普及に一歩前進。2003年のバイオ市場で何が起こるかを予測した。

==============================
【特集2】米英韓の実例にみる「バイオビジネス成功の布石」
==============================
バイオを核にした新事業が、世界中で展開されている。それらは、いずれも今後の日本のバイオ産業を進展させる際に役立つ生きた教材だ。本格展開後に浮かび上がる盲点、ベンチャーを軌道に乗せるための方策、バイオを自国の産業として育成するための必要条件などを、米国、スコットランド、韓国の実例が示している。

==============================
【NEWSSCAN】
●メニコンの田中英成社長「自家組織に治験は必要なのか」
●「グリベック」をデザインしたJ・ジンマーマン氏「化学者も医療現場に行け」
●英国政府、ES細胞研究で先行から世界初の幹細胞バンク設立へ動く
●ヒトの薬物動態を再現できるマウスから広島県組織再生プロで開発中
●米西海岸に日本人の”バイオ村”誕生から草の根の呼びかけに80人が参加
●遺伝子スパイ事件で新展開から芹沢元被告が岡本被告を告訴
●臨床検査用DNA診断ロボットからPSSが試作品を米国展示会に出品
==============================

==============================
【テクノトレンド】
●電気泳動にかかる人手と時間は他の実験に振り分け可能からマイクロチップ電気泳動
【バイオインフォマティクス】
●数多くのデータベースに当たる必要がある検索処理も自動化ソフトで効率アップ
==============================

==============================
【nature biotechnology誌特約記事】
●ライセンシングの契約金額は客観的要因だけでは決まらない
●なかなか成功しないがん治療用血管新生阻害剤の開発
●内部の不満に直面する新しいFDA長官
==============================

==============================
【企業研究】
●テルモ◆心筋再生医療で提携、人工血管大手を買収・・・心臓・血管で世界に挑戦
==============================

==============================
【ベンチャーフラッシュ】
●エムシー研究所から血液サラサラ度を測定して健康診断
●ダイナコムからSNP解析ソフトで世界展開を狙う
●スタンダード・ダイアグノスティクス社から迅速検査で成長、プロテインチップ開発へ
==============================


==============================
【キーパーソンインタビュー】
●「KOマウス作製のスピードに社の存亡を賭けています」からトランスジェニック社長 井出剛氏
==============================

==============================
【開発物語】
●ドライ型で市場拡大からファンケル 発芽玄米
==============================

==============================
【バイオ人消息】
●「バイオマス普及に手ごたえ 自身の研究もブレークスルーに」から京都大学 坂志朗氏
●「日本人より勤勉なカナダ人 加のベンチャーを日本に紹介」からカナダ大使館 アブロン・サルスバーグ氏
●「食品の機能表示を来年立ち上げ 研究にもどりたいが消息は未定」から韓国食品医薬品安全庁 李榮純氏
==============================

==============================
【探針】
●「楽観も悲観も再生医療には早過ぎる」から大阪大学教授 仲野徹氏
==============================

==============================
【連載】
●【新連載】バーチャルドラッグデザイン「コンピューターを利用した演繹的創薬プロセス 膨大なライブラリーからin silicoでヒットを探す」から小山尚彦氏
●消費者の目「情報公開への姿勢が新たなブランド力に」から東嶋和子氏
●【新連載】バイオ探偵団「ポテトチップの中にがんの元が入ってる?」
●バイオベンチャーの創り方「今こそバイオに投資を」から瀬戸篤氏
●【新連載】パイプライン研究「自己免疫疾患は、中外の『MRA』に注目」から伊藤勝彦氏
●薬物・動態入門「薬物相互作用の落とし穴」から堀江透氏
●医と食の間のビジネスチャンス「食品の機能評価に遺伝子発現利用」から清水俊雄氏
==============================


==============================
【広告企画&各社製品ガイド】
==============================
●日本分子生物学会事後プロモーション
●SNP研究最前線レポート
●Products GUIDE

------------------------------
★3大特典付き「年間購読」受付中から今すぐお申込みください!★
今「日経バイオビジネス」の年間購読をお申込みいただくと、今回ご案内した最新号からご購読いただけます。しかも下記3大特典付き!
この機会をお見逃しなく!
●特典1:業界リーダーが語る「国内バイオ市場2005年の姿」(*)を無料贈呈
●特典2:田中耕一さんが語る「初めて明かす技術者の本音」(*2)を無料贈呈
●特典3:「読者限定Eメール」無料配信(*3)
(*)「日経バイオビジネス」2002年6月号からの抜刷、A4変型判、20頁、非売品
(*2)「日経バイオビジネス」2002年12月号からの抜刷、A4変型判、12頁、非売品
(*3)編集長による最新トピックスの独自解説。毎週配信中。配信開始までに2週間程度かかります。
▼「日経バイオビジネス」年間購読のお申込みは下記URLから▼
http://biobiz.nikkeibp.co.jp/
------------------------------

【PR】----------------------------
====================================================================
■■【日経バイオ年鑑2003】から特別付録CD-ROMでキーワード検索自由自在
====================================================================
市場規模1兆4300億円を突破した2002年のバイオ市場全体の概況解説のほか、
ガン、細胞医薬などをはじめ医薬、食品、環境、サービスなど主要10分野152
項目にわたり、現有市場と成長性を分析・予測。さらに対象・物質名毎に論
文発表からフェーズ段階、実用・製品化状況まで国内外の主要動向を一覧掲載。
他では入手できない確かな研究・開発・実用化データが満載です。インターネ
ットによる検索では偏りや手間暇がかかる情報収集もCD-ROMで効率化できます。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/recommend_pub/02.html

====================================================================
■■【日経バイオ最新用語辞典】から毎月新語がUP、オンライン版も好評です
====================================================================
9月10日に7年ぶり全面改訂を断行した「日経バイオ最新用語辞典<第5版>」。
先日開催された「日本分子生物学会」でも多くの方が実物を手にとり、購入
されました。用語定義はもちろん、主要用語には研究開発や実用化動向が解
説され、「最も研究や実用化が進んでいる研究機関や企業がわかり有用」と
の評価を多数いただきました。インターネットで本書の収録内容がキーワード
検索できるほか、毎月新語がUPされるオンライン版とのセットが好評です。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/recommend_pub/01.html
----------------------------【PR】