「中小企業の技術と最先端バイオテクノロジーとの融合」セミナーのご案内
から 新規バイオ産業創出の可能性を探る から 開催のお知らせ


近畿地域はバイオテクノロジー分野において高い集積を有しております。
また、尼崎も、関西でも屈指の中小企業の集積を有しております。さらに、ライフサイエンス分野において最先端の研究を行っている独立行政法人産業技術総合研究所ティッシュエンジニアリング研究センターが設置され、
最先端のバイオテクノロジーと中小企業等の技術との融合が期待されております。
本事業は、この地域において、これらの融合による新規バイオ産業創出の可能性を探るために開催いたします。


◆日 時:平成14年11月15日(金)
第一部13:00から14:00
第二部15:00から18:30
◆場 所:
第一部 産業技術総合研究所ティッシュエンジニアリング研究センター
(TERC)(尼崎市若王寺3-11-46)
第二部 ホテルニューアルカイック 3階 鳳凰の間
(兵庫県尼崎市昭和通2-7-1)


※第一部参加者の第二部会場への移動にはバスをご用意しております。
◆参加対象:バイオテクノロジーの活用に関心のある中小・中堅企業、
及びバイオビジネスに関心のある大学等の研究者
◆参加費:無 料(ただし、交流会は会費3&s_comma;000円)
◆定 員:第一部50名、第二部120名
◆主 催:
第一部 産業技術総合研究所関西センター、TERC
第二部 近畿バイオインダストリー振興会議近畿バイオ産業クラスター部会
◆後 援:近畿経済産業局、尼崎市、尼崎商工会議所、(財)尼崎市産業
振興協会、協同組合尼崎工業会、尼崎経営者協会、財)近畿高
エネルギー加工技術研究所


◆プログラム:
○第一部
・13:00から14:00
「最先端のバイオテクノロジーを生み出す研究現場とは」
産業技術総合研究所ティッシュエンジニアリング研究センター見学
○第二部
・15:00から15:15
開会挨拶:近畿経済産業局バイオインダストリー振興室長 八島 毅祐 氏
来賓挨拶:尼崎市
・15:15から16:00
基調講演 「チタン製人工股関節の開発と事業立上げ」
(株)神戸製鋼所 医療材料部単糖役員補佐 松下 冨春 氏
・16:00から16:30
「ティッシュエンジニアリング研究センターの紹介」
独立行政法人 産業技術総合研究所ティッシュエンジニアリング
研究センター 副センター長 三宅 淳 氏
・16:30から17:00
「遺伝子治療、免疫療法におけるGMP、ISO対応施設の現状」(仮)
三洋電機バイオメディカ(株)システムエンジニアリング部課長 山崎 晶夫 氏
・17:00から18:30  交流会(会費制 3&s_comma;000円)


◆お申込方法、詳細はこちら
http://www.kansai.meti.go.jp/3-5giki/sangakukan-gijyutsu/bio/index.htm


◆お問合せ:
近畿バイオインダストリー振興会議
近畿バイオ産業クラスター部会 事務局 大嶋
TEL:06-6443-5304  FAX:06-6443-5319
E-mail:moshima@ostec.or.jp