事務局に多数の方から、応募受付の延長の御願いが届いております。それに応え、明日、11月20日まで受付を行うことを決定いたしました。どうぞ皆さん、奮ってご参加下さい。

http://www.mydome.or.jp/biocompe/" class="related">第3回バイオビジネスコンペJAPAN 応募受付中
 バイオビジネスコンペJAPAN実行委員会です。

バイオビジネスコンペJAPAN実行委員会では、現在、第3回コンペにご応募いただくビジネスシーズを募集しております。締め切りが迫ってまいりました。皆さんどうぞご応募をお急ぎください。

本コンペは、全国の大学・研究機関などからバイオ関連の研究成果に基づくビジネスシーズを募集し、
(1)バイオベンチャーの起業、(2)バイオ分野における研究シーズの発掘、技術移転、(3)産学共同研究の推薦、をはかることを目的としております。

ご応募いただくと、最優秀賞500万円(2件)、優秀賞100万円(5件)の賞金のほか、書類選考通過者には、研究シーズをビジネス化するためのサポートとして、次の2つの仕掛けもご用意しております。
相談会・・・「応募者が、バイオビジネスの専門家の方々から、
ビジネスプランに関する様々な相談を受けられる
機会」
商談の機会・・協賛企業(ベンチャーキャピタル、製薬企業など)
との商談の機会

また、審査はバイオビジネスの最前線で活躍される一流の方々によって行われており、惜しくも選にもれた応募者には、落選の場合にも
審査委員からのコメントやアドバイスを添えております。

こうしたサポート等により、第1回コンペからバイオベンチャーの起業が7件、技術移転は2件以上実現し、第2回コンペからもバイオベンチャーが3社以上誕生、技術移転・共同研究が4件以上成立する見込みです。

詳しくは、URL http://www.mydome.or.jp/biocompe/ まで。
応募企画書もホームページからダウンロードできます。
応募は無料。締め切りは、11月15日です。
皆様からのご応募をお待ちしております。


http://www.mydome.or.jp/biocompe/" class="related">第3回バイオビジネスコンペJAPAN 概要>

主催 バイオビジネスコンペJAPAN実行委員会
[大阪府、大阪商工会議所、(社)関西経済連合会、(社)大阪工業会 (株)大阪証券取引所、(財)大阪科学技術センター、
(財)千里ライフサイエンス振興財団、大阪医薬品協会、
彩都建設推進協議会、国際文化公園都市(株)で構成。順不同]

実行委員長 大野隆夫(大阪商工会議所 専務理事)

後援 京都大学、大阪大学、神戸大学、奈良先端科学技術大学院大学、   大阪府立大学、東京大学先端科学技術研究センター、
北海道大学先端科学技術共同研究センター、
近畿経済産業局、北海道経済産業局、国立循環器病センター、
産業技術総合研究所、近畿バイオインダストリー振興会議、
大阪バイオサイエンス研究所、バイオテクノロジージャパン、
財団法人大阪産業振興機構

応募資格・募集対象
下記のバイオ関連分野のビジネスシーズを基にした
ビジネスプランを持っている法人、個人
(国公私立大学、研究機関、企業、および研究者)
●バイオメディカル:
医薬品、医療機器、医療分析機器・システムなど
●バイオサイエンス:
遺伝子、たんぱく質、修覆
●アグリバイオ:微生物、遺伝子組換作物など

賞金 最優秀500万円×2件、優秀100万円×5件

<第2回コンペ応募実績>( )内は第1回結果
応募総数     51件(56件)
応募者所属    大学  30(26) 企業 13(13)
その他 8(17)
応募者地域    北海道  3(2)  関東 16(18)
中部  3(2)   関西  24(18)
中国  1(0)  四国  1(3)
九州  1(2)   米国  2(2)
応募分野     バイオメディカル  26(31)
バイオサイエンス  14(23)
アグリバイオ     5(6)
無記入        8
※ 応募分野には重複あり


+ベンチャー+