葉緑体研究と葉緑体工学が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


「葉緑体研究と葉緑体工学」
Research and Engineering of the Chloroplast
(Tentative Program)

◆ 場所:大阪大学蛋白質研究所1階講堂(大阪府吹田市山田丘3-2)
アクセスは こちらを ご覧ください。

◆11月 7日(木)13:00から18:00

13:00-13:05 新名 惇彦(奈良先端科学技術大学院大学)「はじめに」
13:05-13:45 嶋岡 泰世(地球環境産業技術研究機構)
「葉緑体のプロテオーム解析」
13:45-14:25 鹿内 利治(奈良先端科学技術大学院大学)
「葉緑体遺伝子の転写後発現制御に関わるシロイヌナズナ遺伝子」
14:25-15:05 重岡 成(近畿大学)
「葉緑体の活性酸素消去系および炭素代謝の調節機構」
15:05-15:45 長谷 俊治(大阪大学)
「葉緑体の電子分配調節の分子基盤」
15:45-16:00 コーヒーブレイク
16:00-16:40 加藤 晃(奈良先端科学技術大学院大学)
「葉緑体での外来遺伝子発現」
16:40-17:20 小林 裕和(静岡県立大学)
「葉緑体機能構築の制御機構ー基礎と応用」
17:20-18:00 富澤 健一(地球環境産業技術研究機構)
「葉緑体はどこまで外来タンパクを蓄積できるかー 葉緑体工学への展望」
18:00-20:00 懇親会

◆11月 8日(金)10:00から17:00
10:00-12:00 ショートトーク・ポスターセッション (演題 募集中)
12:00-13:00 昼食
13:00- 13:40 小林 善親(九州大学)
「樹木における光合成能力の向上を目的とした育種ター ゲットの探索」
13:40- 14:20 河津 哲(王子製紙株式会社)
「林木育種の立場から葉緑体改良に期待すること」
14:20-15:00 鈴木 賢一(サントリーフラワーズ株式会社)
「花色の遺伝子工学と花き植物の形質転換」
15:00-15:40 鎌田 博(筑波大学)
「遺伝子組換え植物の利用に際する安全性確保」
15:40-16:00 富澤 健一(地球環境産業技術研究機構)
「まとめ」

オーガナイザー
富澤 健一 (地球環境産業技術研究機構)
新名 惇彦 (奈良先端科学技術大学院大学)
(連絡事務担当)中井 正人 (大阪大学蛋白質研究所)

本セミナーでは、上記の先生方の講演以外に、公募によりショートトーク・ポスターセッションの形の発表を、10月18日(金)まで受け付けておりますので、プラスチド・葉緑体に関係する研究を行っておられる研究者の皆さんは、どうか奮って発表していただきますようお願い致します。詳しくは 参加登録のページを御覧ください。尚、プログラム掲載の講演順等は若干変更される可能性があります。

本セミナーは、事前登録不要の自由参加です。参加費も無料ですので、多くの方々のご来聴を歓迎いたします。但し、事前参加申し込みされた方には、プログラム・案内等を送付致します。詳しくは セミナーのホームページ

http://chloroplast.protein.osaka-u.ac.jp

をご覧ください。