スコットランド国際開発庁が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


 スコットランド国際開発庁はこの度、(財)バイオ産業情報化コンソーシアム(JBiC)ならびに英国大使館の協力を得てスコットランドのバイオテクノロジーの中でも現在特に注目を集めている“バイオインフォマティクス、プロテオミクス、ゲノミクス”分野に焦点を当てたセミナーを開催致します。エジンバラ大学光学分光学顕微鏡操作・イメージングセンター、グラスゴー大学バイオインフォマティクス研究センターをはじめ、英国ビーツン癌研究所、また企業からはスコッティシュ・バイオメディカル社およびサイクラセル社他より、スコットランドにおける世界有数の研究者達が講演者として参加し、同国における最先端の研究の紹介を致します。また国立遺伝子研究所教授・総合研究大学院大学教授の舘野義男氏がチェアマンをいたします。このセミナーの概要および参加要項は以下のとおりです。
(概 要)
日時: 平成14年10月31日(木)午前9時30分から午後1時 
場所: ホテルニューオータニ東京 舞の間※参加費無料 
     ※同時通訳つき※セミナー後ランチレセプション開催
(応募要項)
以下の情報をご記入のうえファックスにてご応募ください。
1.氏名、会社名、部署名、職種、電話番号、FAX番号、Eメールアドレス
2.ランチレセプションへの参加の有無、
3.個別ミーティングの希望の有無(ミーティングをご希望されるスコットランドの大学・企業名をご記入ください。複数記入も可。)
 (送付先)
スコットランド国際開発庁 FAX: 03-5501-3485

(公演内容)
1.The Strength of Biomedical Research in Scottish Universities and Research Institutes”
Dr. Stephen Hammond スコティッシュ・バイオメディカル社社長

2.“The Sir Henry Wellcome Functional Genomics Facility&s_comma; University of Glasgow: Integrating Proteomics&s_comma; GeneArrays&s_comma; Bioinformatics and LaserMicrodissection”
Professor Walter Kolch グラスゴー大学分子細胞生物学教授
サー・ヘンリー・ウェルカム機能遺伝子学研究所(SHWFGF)所長 英国ビーツン癌研究所グループリーダー

3.“Emerging trends in biotechnology – a view form the Physical/Life Sciences Interface”
Professor Jason Crain エジンバラ大学光学分光学顕微操作&イメージングセンター長

4.“Research at the Bioinformatics Research Centre&s_comma; University of Glasgow”Professor David Gilbert グラスゴー大学バイオインフォマティクス研究センター長

5.“Structure based drug design: skill and capabilities used in the design and development of small molecule drugs”
Dr Howard Marriage サイクラセル社取締役ビジネス開発本部長