総合化学企業大手のオランダDSM社が、石油化学部門を売却し、ライフサイエンス部門の強化を加速させている。同社が注目するのは、05年までに世界市場が5000億円まで拡大すると予測する蛋白質の受託生産事業や、Roche社ビタミン・ファインケミカル事業を買収しさらなる拡大を目指す食品添加物事業だ。

 DSM社の戦略の詳細は、日経バイオテク2002年10月21日号バイオ・インテリジェンスに掲載した。




《お知らせ》

日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/nbt/index.html


+グリーンケミストリー+プロテオーム++