免疫生物研究所がバーチャル・バイオ・ベンチャー・インキュベーションシステム「ベンチャーValley」に入居、セミナー開催を告知中だ。最新情報は「ベンチャーValley」でアクセスできる。


●優良ベンチャー企業を募集します。バイオ関連商品を真面目に、そして科学的に開発している企業限定して、「ベンチャーValley」で情報発信を可能にします。人材募集、共同研究募集、資金調達、製品・技術宣伝などが可能です。ご希望の企業は宮田満(miyata@nikkeibp.co.jp)まで。株式公開と売上が3億円を突破するまで、掲載料はいただきません。つまり、出世払です。但し、掲載に当たって、事前に面接審査がありお断りすることもありますので、ご了承ください。


******** IBL トランスジェニックマウス関連セミナー **********

『短期発癌性試験における遺伝子改変マウスの有用性』
「p53ノックアウトマウス、v-Ha-ras (TG.AC) OncoMouseを中心にした利用状況」
-------------☆-------------------☆----------------
株式会社 免疫生物研究所(IBL)では、トランスジェニックマウス関連の
セミナーを下記の通り開催致します。
今回は、トランスジェニックマウスを用いた発ガン性研究の第一人者で
あります米国NIEHS、分子毒性研究所部長 Dr. French とトランス
ジェニックマウスの大手ブリ-ダーであるTaconic社のプロダクトマネージャーでありますDonna Gulezian を招いて下記の通り行います。
参加ご希望の方は、e-mail 又はFAXにてお申し込みください。
入場は無料です。
尚、講演は全て英語(通訳無し)となります。
-------------☆-------------------☆----------------

◎講演者
John Edgar French&s_comma; Ph.D.
Group Leader&s_comma; Transgenic Carcinogenesis
Laboratory of Molecular Toxicology&s_comma; DIRECTOR
National Institute of Environmental Health Sciences

Donna Gulezian
Product Manager
Taconic Transgenic Models and Services Division
Taconic Farms&s_comma; Inc.

◎日時
平成14年11月6日(水) 午後2:00 から 4:00
◎場所
東京三田NNホール 東京都港区芝4-1-23 三田NNビル地下1階
交通のご案内
JR田町駅 徒歩5分(Nichimenの文字が目印です。)
都営三田線 三田駅直結(A9出口)

◎入場無料

-------------☆-------------------☆----------------

◎WEB上からのお申込 → www.ibl-Japan.co.jp/index1.html
当社HomePageからお申込みいただけます。
◎FAXでのお申込み → 0274-23-5746
お名前、ご所属、連絡先を明記しFXAしてください。

-------------☆-------------------☆----------------

◎お問合・お申込先
株式会社 免疫生物研究所
担当:阿部、石井

〒375-0005
群馬県藤岡市中1091-1
Tel: 0274-22-2888
Fax: 0274-23-5746
e-mail: do-abe@ibl-japan.co.jp
HomePage: http://www.ibl-japan.co.jp