トキシコゲノミクス国際フォーラム2002が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


【トキシコゲノミクス国際フォーラム2002】

日時:2002年10月23日(水)
午前8時(受付)から午後10時
および
2002年10月24日(木)午前8時から11時

場所:岡崎コンファレンスセンター(岡崎国立共同研究機構)
愛知県岡崎市明大寺町

● Topics
1.基盤技術のStandardization
2.従来の毒性試験とのBridging
3.Future Strategy
4.[特別セッション]ヒトがん研究の進展から学ぶ

●特別講演
J. Carl Barrett&s_comma; PhD (Director&s_comma; CCR&s_comma; NCI/NIHS)


本フォーラムは、昨年10月順天堂大学で開催した「トキシコゲノミクス国際フォーラム2001」をフォローアップする第2回集会として、主として技術面に焦点を絞って、応用面で研究の進んでいる領域にてご活躍の方々の講演を企画いたしました。


【聴講】募集中

各演題、応募方法、開催地情報など、ホームページに記載してあります。

http://www.nihs.go.jp/tox/tgif2002/

事前受付は、できるだけ10月15日までにホームページからお申込み下さい。
当日受付けも致します。

参加費:5000円(抄録代含む、2日間通し)
定 員:250名の予定

(*ポスター発表は締切りました。)

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
プログラム(with titles as of 25 September)

10月23日(水)午前


[セッション0]Introductory

井上 達(国立医薬品食品衛生研究所)
Practical approaches for toxicogenomics


[セッション1]Standardization for Data Exchange

Michael D. Waters (National Center for Toxicogenomics)
Keynote to the session
Chemical effects in biological systems (CEBS): standardization of a knowledge base

Arno Kalkuhl (Boehringer Ingelheim Pharma KG)
Use of an external gene expression database to predict toxicity

Catherine A. Ball (Stanford University)
title

菅野 純(国立医薬品食品衛生研究所)
Reverse toxicology and data normalization/standardization

Timothy R. Zacharewski (Michigan State University)
Development of a toxicogenomics supportive database


[特別講演]
J. Carl Barrett (CCR&s_comma; NCI/NIH)
title

(昼食時ランチョンセミナー)

10月23日(水)午後


[セッション2]Bridging Traditional Toxicology and Toxicogenomics

Michael Lawton (Pfizer Drug Safety Evaluation)
Keynote to the session
title

朝元誠人(名古屋市立大学大学院医学研究科)
Application of cDNA microarrays for prediction of non-genotoxic carcinogens in the 28-day repeat-dose toxicity study

Georges Natsoulis (Iconix Pharmaceuticals)
Use of a large chemogenomics database to guide an improve drug candidate selection via an improved understanding of drug action and toxicology

小宮山政敏、森 千里(千葉大学大学院医学研究院)
Basic study to establish toxicogenomics analysis of the long-term effect of endocrine disruptors on human health

渡邊 肇(岡崎国立共同研究機構)
Interpretation of utrerotrophic effect by gene expression

Daniel B. Pickford (AstraZeneca Global Safety&s_comma; Health and Environment)
Ecotoxicogenomics: the challenge of integrating novel genome science into the future ecological risk assessment of chemicals


10月23日(水)夕方

[ポスター発表と軽食]

同時開催イブニングセミナー


[セッション3]Future Strategy

児玉龍彦 (東京大学先端科学技術研究センター)
Keynote to the session
Comprehensive analysis of membrane and nuclear protein complex

伊藤隆司(金沢大学がん研究所)
Protein interaction analysis: from cataloguing to functional interpretation

David R. Goodlett (Institute for Systems Biology)
Proteomics without polyacrylamide: qualitative and quantitative approaches to proteomics via mass spectrometry

金谷重彦(奈良先端科学技術大学院大学)
Development of integrated analytical tool for genome and transcription informatics focused on bacteria


10月24日(木)午前

[セッション4]Progress in Cancer Research

油谷浩幸(東京大学先端科学技術研究センター)
Keynote to the session
Understanding cancer through gene expression profiling

白石昌彦(国立がんセンター研究所)
CpG island methylation&s_comma; histone modification&s_comma; and human cancer

中釜 斉(国立がんセンター研究所)
Comparehensive analysis of gene expression for dissecting multiple steps in colon carcinogenesis induced by a food-borne carcinogen&s_comma; PhlP

中川原章(千葉県がんセンター)
Functional genomics of novel neuroblastoma genes for clinical application

Laura J. van&s_quote;&s_quote;t Veer (Netherlands Cancer Institute)
Expression profiling predicts survival in breast cancer


** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

【主催】トキシコゲノミクス国際フォーラム組織委員会
(会長 林 裕造)
【共催】国立医薬品食品衛生研究所安全性生物試験研究センター
【協賛】日本実験動物学会(Japanese Association for Laboratory Animal Science)、日本製薬工業協会(Japan Pharmaceutical Manufacturers Association)、トキシコゲノミクスプロジェクト(MHLW&s_comma; Health and Labour Science Research Grants&s_comma; Toxicogenomics Project)、日本トキシコロジー学会(The Japanese Society of Toxicology)、日本薬学会(The Pharmaceutical Society of Japan)
(英名アルファベット順)

【お問合せ先】フォーラム事務局
〒158-8501
東京都世田谷区上用賀1-18-1
国立医薬品食品衛生研究所
安全性生物試験研究センター
五十嵐勝秀

e-mail: tox-genome@nihs.go.jp
Tel: 03-3700-1564
Fax: 03-3700-1622
http://www.nihs.go.jp/tox/tgif2002/