現在、有効な治療法のない嚢胞性線維症(CF)治療薬の米国潜在市場は、推計3億6000万ドルに上ることが明らかになった。

 米国内におけるCFの患者数は約3万人。現在の治療は、物理療法と対処的な薬物療法に限られる。既に、CFの原因遺伝子も解明されており、遺伝子治療の開発も進展中だ。2004年にも、遺伝子治療製品が上市される可能性がある。

 新規CF様治療薬の潜在市場予測と、治療薬の主な開発動向は、日経バイオテク誌2002年10月7日号に掲載した。



《お知らせ》

日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから(http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/nbt/index.html