久山町と九州大学が過去40年間継続してきた地域住民の健康診断に、患者DNAの収集をこのほど加えた。初年度の目標は3500人。この、久山町の挑戦は、世界のバイオ研究の最先端に大きな衝撃を与える。そして疾患を治す医学から、疾患を予防する医学へとテイラーメイド医療の概念を拡大するものなのだ。
 
 この久山町プロジェクトの状況、概要、住民の声、強みなどを現地を訪れ、詳細に分析、レポートした。

 この記事の詳細は、日経バイオテク2002年9月23日号バイオ・インテリジェンスに掲載しました。




《お知らせ》
 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。




●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから


+ジェノタイプ+ベンチャー++