米国における樹状細胞を用いた抗ガン細胞薬の潜在市場は、2兆ドルにのぼることがこのほど明らかになった。既に、米国では、臨床開発段階にある樹状細胞薬が複数存在し、最初の樹状細胞薬の上市は2006年頃になりそうだ。他の種類のガン治療薬との競合の激しくなりそうだが、高い効果が期待できることからも、樹状細胞薬への注目は高い。

 米国における樹状細胞を用いたガン治療薬の開発動向と潜在市場分析は、日経バイオテク誌2002年9月9日号で掲載しています。



《お知らせ》

 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから