皆さん、お元気ですか?本日も北京は快晴、暑くなりそうです。昨日、往復4時間、高速道路を飛ばして天津の再生医療研究所を取材しました。すでにベンチャー企業も設立、来月、新研究所がオープンするなど、本当にめまぐるしい発展を中国は続けています。
 しかし、約150km以上に渡って、高速道路に柳が植えられていたのは中国らしい。かつての中国皇帝が大運河を掘削した時に両岸に柳を植えた故事にならっているのかも知れません。120km以上のスピードで飛ばすフォルクスワーゲンの車窓から柳の緑がたおやかに揺れる姿を見ると、同じ高速道路という概念も、それぞれの文明に影響を受けることが分かります。
 中央電視台9チャンネル(英語放送)が、全国人民代表大会が11月8日に開催され、中国政府の指導部の交代があると報道しています。いよいよ新しい人材が指導する中国誕生が秒読みになりました。政治の面でも中国がもう一歩進化するのか、退化するのか、暫くは観察が必要ですが、動きだした資本主義への潮流は変わりそうにありません。問題は変化速度になりそうです。
 本日午後に国際科学エディター会議で講演を予定していますが、スライドがなかなかまとまらず現在、中華風のホテルの部屋で苦吟しているところです。どうなりますやら。
 では皆さんお元気で、再会。(宮田 満@Beijing)