近年の組換え作物の急激な普及と多岐に渡る開発状況の中で、米国の遺伝子組換え作物に関する規制が、環境やヒトなどへの安全性を確保するために、現状に即した新たな基準を設けることが明らかとなった。
 注目されるのは2点。1点目は、近年注目を集めている分子農業としての組換え作物の開発における圃場試験のあり方。2点目は、次々と開発が進められる新たな種類の組換え作物が圃場試験に進んでいる中で、蛋白自体の食品としての安全性を早期に確認することを推奨するというものだ。

 日経バイオテクでは、米国White Houseが、8月2日発表した組換え作物に関する新たな連邦政府案について、詳細を日経バイオテク2002年8月26日号バイオ・インテリジェンスに掲載しました。




《お知らせ》
 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。



「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから