***** seminarMLから情報転載 *****

======================================================
■■■BRCセミナーのお知らせ 大阪大学 宮沢孝幸先生■■■
======================================================
下記のセミナーを開催致します。
事前の登録は不要です。

BRCセミナー
日時:2002年9月12日16時から
場所:理化学研究所 バイオリソースセンター1F BRC会議室
講師:宮沢孝幸先生 大阪大学・微生物病研究所・エマージング感染症研究センター
科学技術振興事業団、さきがけ研究21

題名:ブタからヒトへの異種間臓器移植と感染症
?ブタ内在性レトロウイルスとはー
要旨:
ヒトおよび類人猿と旧世界ザルでは、進化の過程でa-1&s_comma;3ガラクトース転移 酵素の遺伝子が不活化された。そのため、a-ガラクトース(a-Gal)抗原を外来抗原 として認
識し、抗a-Gal抗体が大量に誘導されている。他の動物の細胞で増殖したエ ンベロープウイルスは、エンベロープにa-Gal抗原を持つので、ヒトがこのウイルス に暴露さ
れたとしても、抗a-Gal抗体と補体により速やかにウイルスが中和され、感 染は成立しにくい。現在、ブタの臓器や細胞を異種間移植する方法が活発に研究され ており、超急性拒絶反応を抑えるために補体制御遺伝子や糖転移酵素遺伝子を導入したブタなどが開発されている。しかし、そのような手法は、抗a-Gal抗体を介したウ イルスに対する自然抵抗性を減弱させてしまう。ヒトに感染する可能性があるブタのウイルスのうち、最大の問題はブタ内在性レトロウイルス(porcine endogenous
retrovirus:PERV)である。ヒトに感染するPERVは少なくとも2種類(PERV-A、-B)存在する。我々は、実際に糖転移酵素遺伝子を導入したブタ細胞由来のレトロウイルスが、ヒトの血清に対して感受性が弱まることを確認した。さらにImerge BioTherapeutics社とUniversity College Londonは、PERV-Aの感染・増殖に必要な分
子の遺伝子クローニングに成功した。我々はその遺伝子を非感受性細胞に導入することで、その分子がウイルスのEnvとの結合に必要な分子(レセプター)であることを
確認した。この分子は他のガンマレトロウイルスのレセプターと同じくmultiple transmembrane-spanning蛋白であったが生理学的機能は不明である。PERV-Aのレセプターの同定は、ブタからヒトへの異種移植の安全性の検定に、今後大きく貢献するものと考えられる。

交通の案内:
http://www.brc.riken.go.jp/access/access.html


連絡先:
理化学研究所筑波研究所
遺伝子材料開発室
村田武英
dnabank@brc.riken.go.jp
http://www.rtc.riken.go.jp/DNA/HTML/


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」メーリングリスト・フォーラム欄でアクセスできる。