シンポジウム「プロテオミクスとバイオインフォマティクス研究の最前線」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。



シンポジウム「プロテオミクスとバイオインフォマティクス研究の最前線」の御案内

プロテオミクスとバイオインフォマティクス研究の最前線

日 程 ; 2002年10月11日(金)10:00から16:45

会 場 ; 飯田橋レインボービル・中会議室
(東京都新宿区市谷船河原町11 TEL;03-3260-4791)

定 員 ; 100人

主 催 ;(株)産業科学システムズ ブレインセンター

共 催 ; 京都府立医科大学 第一内科学教室 ゲノム・タンパク機能研究室


プログラム ;

[はじめに」 (10:00から10:15)
京都府立医科大学 第一内科学教室 教授 吉川 敏一 氏


1.クリニカルプロテオミクスの展望 (仮題)
(10:15から11:15)
住商バイオサイエンス(株)鎌倉研究所長  有國 尚 氏


2.ゲノミクス、プロテオミクスからバイオインフォマティクスへのアプロー チ
(11:20から12:20)
京都府立医科大学 第一内科学教室 室長  一石 英一郎 氏

〔昼休み〕

3.プロテオミクス研究における3Dバイオインフォマティクス
(13:20から14:20)
遠隔医療研究所、豊橋技術科学大学 工学研究科
小林 柾樹 氏、 林 義治 氏

4.疾患プロテオミクス研究の展望 (仮題)
からプロテオミクスからのアプローチ
(14:30から15:30)
西村 俊秀 氏

〔コーヒーブレイク〕

5.疾患プロテオミクス研究の展望 (仮題)
からバイオインフォマティクスからのアプローチ
(15:45から16:45)
荻原 淳 氏


詳細に関しましては下記メールまでお問い合わせ下さい。