消費者の花への「珍しさ」に対する要求が、遺伝子組換え花の市場を拡大している。サントリーは、組換えカーネーション「ムーンダスト」の商品ラインアップが拡大し、出荷量の増加を見込んだものの、02年度前半は商品が不足した。裏返せば、店頭に並べばもっと売れる状況だ。
一方、非組み換え技術でも、イオンビームを利用した新品種が、サントリー、キリンから相次いで発売されるなどの話題が続いた。
 詳細を、日経バイオテク誌2002年7月29日号で掲載した。



《お知らせ》
 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。
「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから