日本サイトメトリー学会では平成14年11月16.17日に技術講習会を開催いたします。

※初日はFlow Cytometry解析の基本となるDNA量と表面マーカー測定を行ないます。このコースはサイトメトリー技術者認定試験に必要な技術講習会も兼ねています。2日目には、「一分子蛍光解析装置を用いた生体高分子相互作用の解析」と「Cytometric Bead Arrayシステムを
用いたヒトサイトカイン6種類の同時測定(ビーズアレイ法)」を予定しています。どのコースにも講師の先生を招き、講議と解析法の実際についての実習を組み入れて説明していただきます。

講習会テーマ:
1) Flow Cytometry(FCM)によるDNA量(ploidy/cell cycle)の解析
2) FCMによる表面マーカーの解析
3) Cytometric Bead Arrayシステムを用いたヒトサイトカイン6種類の同時測定(ビーズアレイ法)
4)一分子蛍光解析装置を用いた生体高分子相互作用の解析:in vitroからin vivoへ向けて

1.日時
平成13年11月16日(土)Aコース
1&s_comma;FCMによるDNA量の解析
2&s_comma;FCMによる表面マーカーの解析
平成13年11月17日(日)Bコース
1&s_comma; Cytometric Bead Arrayシステムを用いたヒトサイトカイン
6種類の同時測定(ビーズアレイ法)
2&s_comma;一分子蛍光解析装置を用いた生体高分子相互作用の解析

2. 会場:日本医科大学 東京都文京区千駄木1-1-5

3. 講師:1) 村上知之(国立療養所山陽病院臨床研究部形態研究所)
DNA ploidyの解析(培養細胞、固形腫瘍)
2) 東 克巳(東京大学医学部臨床検査医学)
血液疾患と細胞表面マーカー
3) 船渡裕美(日本ベクトン・ディッキンソン株式会社)
Cytometric Bead Arrayシステムを用いた
ヒトサイトカイン6種類の同時測定
4)金城政孝(北海道大学電子科学研究所)
一分子蛍光分析装置を用いた生体高分子相互作用
の解析:in vitro からinvivoへ向けて

4. 参加資格:日本サイトメトリー学会会員に限らず、非会員の参加ができます。

5. 参加費:各コースともに20&s_comma;000円(含むテキスト代)。
(但しA,B両コースを受講する場合は30&s_comma;000円です。)

6. 申込方法:e-mail&s_comma; あるいはFAXにて下記事務局まで申し込み下さい。申込書類をお送りします。

7. 申込〆切:定員(Aコース50名,Bコース50名)になり次第締切らせていただきます。

8. 受付成否の通知と参加費の支払い方法:受付の成否,受講時間帯,参加費支払い方法は、申込後に通知します。

9. 問い合わせ:
113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
日本医科大学第二外科内
第13回日本サイトメトリー学会技術講習会事務局
(担当:天神)
Tel: 03(5814)6219  03(3822)2131 (内線6662)
Fax: 03(5685)0985

E-mail address:tenjin@nms.ac.jp

第13回日本サイトメトリー学会技術講習会 会長 天神敏博