オピオイド受容体の神経生物学シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


オピオイド受容体の神経生物学シンポジウム
開催のご案内



 オピオイド受容体クローニングや依存研究で、世界のトップに立つ研究者を迎えての特別講演会を企画しました。各方面から多数の研究者のご参加をお待ちしております。
             委員長:植田弘師(長崎大・院・分子薬理)

[日時]2002年8月24日(土) 午後1時から5時
(同会場で8月23日より行われる第23回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムのサテライト国際シンポジウムとして開催されます)

[会場]文京シビックセンター(東京都文京区春日1-16-21)

[シンポジスト]
   Brigitte L. Kieffer(フランス)
   Christopher J. Evans(アメリカ)
   Rafael Maldonado(スペイン)
   成田 年(星薬大)
   植田弘師(長崎大)

[発表言語]英語

[参加費]2000円
(ただし鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム参加者は無料)

[参加申込・連絡先]
   オピオイド受容体の神経生物学シンポジウム実行委員会 事務局
   水野恭伸(事務担当)
   長崎大学大学院医歯薬学総合研究科分子薬理学研究室
   TEL : 095-847-1111 (内線2540)
   FAX : 095-844-4248


+シグナル伝達++