第5回微生物資源ワークショップ

各位
微生物資源ワークショップ事務局
玉川大学学術研究所
奥田 徹・沖 俊一

第5回微生物資源ワークショップ
Innovative ideas in application of microorganisms

拝啓
陽春の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。昨年までのワークショップでは、国内外の一流研究者の話題提供、そして多数の方々に参加いただき、応用微生物学の重要性を再認識する輪が広がったと自負しております。さて、来る6月15日(土)に第5回微生物資源ワークショップを開催いたしたく、ここにご案内申し上げます。今回は日本の第一線の研究者に加えアメリカのバイオベンチャーのCEOをお招きして、「微生物利用における工夫」と題し、培養の新しい可能性、解析手法あるいはビジネスの戦略など具体的な話題を提供していただきます。参加ご希望の方は、下記要領に従って、期日までにお申し込み下さい。なおこれまでのワークショップの概要はホームページをご参照下さい。
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/gakujutu/alsrc/wmr.htm
敬具

日 時: 2002年6月15日(土)13:30-17:00
場 所: 玉川大学・大学研究室棟B107号室(地図をご参照ください)
小田急線玉川学園前駅下車徒歩10分
主 催: 玉川大学学術研究所応用生命科学研究施設 奥田 徹・沖 俊一
参加費: 2&s_comma;000円(懇親会費込み)
参加申し込み: 5月末日までに、参加申込書に必要事項を記入の上、ファックスまたはEmailで奥田宛お申し込み下さい。
FAX 042-739-8669 Email torula@lab.tamagawa.ac.jp
テーマ: 「微生物利用における工夫」:培養の新しい可能性、解析手法あるいはビジネスの戦略など
プログラム:
13:30-13:40 ごあいさつ 沖 俊一・玉川大学学術研究所
13:40-14:30 「ビタミンC発酵中間体の混合培養、古いが革新的」
星野達雄・日本ロシュ研究所
14:30-15:20 「動物細胞を用いたバイオアッセイ系による微生物源新薬の探索」
長田裕之・理化学研究所抗生物質研究室
15:20-16:00 コーヒー・ブレイク
16:00-16:50 「かびの利用とビジネスチャンス」(仮題) Cedric Pearce&s_comma; MycoSynthetix CEO
16:50-17:00 おわりに 奥田 徹・玉川大学学術研究所
17:20-19:20 懇親会、グリーンヒルズ(学内)にて
参加予定人数:約40名
期待される参加予定組織(順不同):
政府、アカデミアと国公立研究所
経済産業省、国立感染症研究所、水産大学校、製品評価技術基盤機構、東京水産大学、東京農大総合研究所、東京理科大学、東北大学、共立薬科大学、名城大学、富山県立大学、バイオインダストリー協会、微生物化学研究所、理化学研究所、玉川大学ほか

企 業
(株)味の素、旭化成(株)、王子製紙(株)新技術研究所、大塚化学(株)、科研製薬(株)、カルピス(株)、協和発酵工業(株)、合同酒精(株)酵素医薬品研究所、三共(株)探索研究所、三菱ウェルファーマ(株)、山之内製薬(株)、持田製薬(株)、大日精化工業(株)、大鵬薬品(株)、大正製薬(株)、武田薬品工業(株)医薬研究本部、田辺製薬(株)創薬研究所、中外製薬(株)、デンカ生研(株)、富山化学(株)、東陶機器(株)基礎研究所、東レ(株)、(株)ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ、日経BP社、日本ロシュ(株)研究所、日本化薬(株)、(株)日本総合研究所、ノヴォザイム、(株)浜銀総合研究所、ファンケル(株)中央研究所、藤沢薬品工業(株)、富士写真フイルム(株)、富士通(株)、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、明治製菓(株)薬品総合研究所、メルシャン(株)、(株)ローランド・ベルガー・アンド・パートナー・ジャパンほか
以 上


第5回微生物資源ワークショップ参加申込書

ご芳名

ご所属

TEL & FAX


Email


+HTS++