2001年度の国内の蛋白受託生産の市場はおよそ15億円程度となった模様だ。ヒト・ゲノムの解析などが進み、ポストゲノムとして蛋白の機能解明などに注目が集まっており、単離した遺伝子を生産し、機能解析などに利用する需要や医療用蛋白として開発を進めるための需要などを受け、市場拡大が続いている。



上記記事の詳細は、紙媒体の日経バイオテク(2002年4月22日号)の「バイオ・マーケットハイライト」(BMH)で掲載しています。


+プロテオーム++