日本バイオベンチャー推進協会(JBDA)がバイオ関連の特許をめぐる情勢やバイオベンチャーの特許問題に対する対応や戦略などをテーマにセミナーを開催する。



「バイオベンチャーと特許問題 ─バイオ特許の最新動向と今後の方向性を探る─」

日時:2002年3月20日(水曜日)13:00から17:00
場所:中野坂上セントラルビル17階大会議室
参加費:法人会員2名、ベンチャー会員1名まで無料、個人会員5000円、非会員1万円
主催:日本バイオベンチャー推進協会
   TEL 03-3261-1028 FAX 03-3261-1029

プログラム
I部 13:00から15:30
・松島綱治氏 JBDA会長・東京大学大学院教授(医学系研究科分子予防医学専攻)
「大学研究室から見たバイオベンチャー」
。加藤浩氏 経済産業省 特許庁 特許審査第3部 審査調査室 室長補佐
「日本におけるバイオ特許の方向性」
・清水初志氏 清水橋本国際特許事務所 弁理士
「特許をめぐる最近の動向」
村井深氏 JBDA専務理事 (株)ポストゲノム研究所 代表取締役
「バイオベンチャーから見た特許戦略」

II部 15:40から17:00
パネルディスカッション