農業生物資源研究所新作物資源創出研究グループが下記の要領で、第2世代組換え農作物の開発に関する国際ワークショップを開催する。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


●バイオ関連学会・研究会・セミナーの告知は無料掲載、企業が主催するセミナーの告知はは有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第2世代組換え農作物の開発に関する国際ワークショップの案内

 独立行政法人農業生物資源研究所では、第2世代組換え農作物の開発に関する国際ワークショップを以下の日程で開催いたします。

 現在商品化されている組換え農作物は、除草剤耐性や害虫抵抗性を付与したものですが、今後は機能性を付与した組換え農作物や物質生産の手段として組換え農作物を利用することが考えられます。現在、次世代の組換え農作物の研究を行っている研究者から、その研究の現状等についてお話ししていただきます。
 なお、当日は同時通訳を行いますので、興味にある方は是非ご参加下さい。

「第2世代組換え農作物の開発に関する国際ワークショップ」
日時:2002年3月20日
場所:つくば市文部科学省研究交流センター

10:00から10:10 開会の挨拶
10:10から11:10 Dr. Guy Cardineau (Dow Agro Sciences&s_comma; Inc)
       「Oral Immunization Using Transgenic Plants:
         A New Delivery Vehicle for Vaccines」
11:10から11:55 津田 新哉(農研機構中央農業総合研究ŽセŽンŽタŽ亜ヒ
       「肝炎ウイルス関連抗原の植物による生産と
        医療への適用」
13:10から13:55 松村 健(独立行政法人 産業技術総合研究所 )
       「動物由来医療用蛋白質の植物発現」
13:55から14:55 Dr. William Hitz (Dupon)
       「Promise and Genetic Improvement of Food
         Quality」
14:55から15:15 ------- Coffee Breke ------
15:15から16:00 吉原 利一(電力中央研究所)
      「外来フェリチン遺伝子導入作物における鉄及び数種
       の重金属含有量の変化について」
16:00から17:00 Dr. Thomas W. Okita (Washington State Univ.)
      「Metabolic engineering of Plants for Enhanced
        Productivity and Yield by Manipulation of
        Starch Synthesis」
17:00から17:05 閉会の挨拶

連絡先
農業生物資源研究所 第2世代組換え農作物の開発に関する国際ワークショップ事務局  田部井 豊
 TEL/FAX 0298-38-8372
  E-mail 2nd-generation@affrc.go.jp
  基本的にはメールで、ご連絡下さい。