バイオインフォマティクス推進研究会が下記の要領で、人材を募集中だ。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」人材補助金欄、もしくは専門情報サイト「人財」でアクセスできる。
バイオ関係者の求人情報は、毎日、午前・午後更新する。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●大学や公的研究機関の人材募集は無料掲載、企業は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


2月11日(月) 第4回 研究会のお知らせ
南カリフォルニア大学
マイケル・ウォーターマン教授
オイラー・グラフを用いたDNAシーケンスアセンブリ
***************************************************************
J-BIG
バイオインフォマティクス推進研究会 2月例会のお知らせ
2002年2月11日 15:00から(日本時間)
参加無料・要事前登録
***************************************************************


来る2002年2月11日(日本時間)、下記の要項でJ-BIGバイオインフォマティクス推進研究会2月例会を開催いたします。今回は、日本単独の開催ですが、DNA配列やタンパク質のアミノ酸配列の比較方法において基本となっている 「スミス-ウォーターマン アルゴリズム」 で世界的に著名な、南カリフォルニア大学教授  Prof. Michael S. Watermanを招聘できることになりました。

Prof. Michael S. Waterman 略歴等
http://www-hto.usc.edu/people/Waterman.html

ご講演では、「DNAシーケンスアセンブリ」についてお話をいただきます。世界の碩学の講演をじかに聴けるチャンスですので、奮ってご参加ください。(英語でのご講演になります)



■ 日時:2002年2月11日(月:建国記念日)
     午後3時開始、午後5時終了予定

■ 場所:国立がんセンター1階セミナールーム
http://www.ncc.go.jp/jp/about/chuo.html

■ 講演:南カリフォルニア大学  マイケル・ウォーターマン教授
    「オイラー・グラフを用いたDNAシーケンスアセンブリ」

■ 参加申し込み方法について: 参加は無料です。
○ 参加される方は下記ウェブサイトにアクセスしていただき、参加申し込みをお願いいたします。
http://202.227.138.54/jbig/tokyo/register4.html


■お問い合わせ先:j-bigtokyo@mpd.co.jpまでメールにてご連絡ください。

■title & abstract

Title: DNA Sequence Assembly using Eulerian Graphs
Abstract: The standard approaches to assembling DNA sequence from randomly located and randomly oriented reads use overlap-layout-consensus. Existing algorithms make assembly errors and there is much difficulty with resolving repeats.The sequencing machine errors are easily mistaken for mutations or mutations mistaken for sequencing errors.
In this talk I will give some historical perspective and then present the reduction of fragment assembly to a variation of the classical Eulerian path problem.