新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と経済産業省が「植物の物質生産プロセス制御基盤技術開発 技術」事業に関するワークショップが下記の要領で、1月29日に開催される。



「植物の物質生産プロセス制御基盤技術開発 技術ワークショップ」の開催

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と経済産業省(METI)は、「植物の物質生産プロセス制御基盤技術開発 技術ワークショップ」を開催します。
 植物は、大気中の二酸化炭素を光合成により固定化し、各種の有用物質(天然ゴム、各種の炭化水素、タンパク質、アミノ酸等)に変換し蓄積する能力を持っています。こうした能力を、有用物質の生産に関与する遺伝子を制御することにより効率的に発揮させる技術を確立することを通して大量にエネルギーを消費している現在の化学工業のプロセスに代わる、植物を利用した省エネルギー型工業原料生産プロセスの実現を図ることを目的として、現在NEDOでは、平成14年度に向け、新たな研究開発プロジェクトの構築を検討しています。
 本ワークショップでは、植物の分野においても一部ゲノム解析が進みつつある中、ゲノム解析の成果を活用しつつ、代謝プロファイルの解析を行うことにより、目的とする物質の生産プロセスを制御するための技術開発に関連する研究開発課題を広く議論するため、講演とパネルディスカッションを行います。

                          記

1.日時 平成14年1月29日(火) 13:30から17:00
2.会場 ダイヤモンドホテル ダイヤモンドホール(本館1階)(東京都千代田区一番町25番地)(営団地下鉄半蔵門駅4番出口直結)
3.主催 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、経済産業省(METI)
4.構成
(1)基調講演(13:40から14:30)
  テーマ:「植物による工業原料生産に関する技術開発動向」(仮題)
講師:新名 淳彦 氏(奈良先端科学技術大学院大学 教授)
(2)プロジェクト概要説明(14:30から14:50)
NEDOバイオテクノロジー開発室
(3)パネルディスカッション(15:10から16:50)
コーディネータ
新名 淳彦 氏 (奈良先端科学技術大学院大学 教授)
パネラー
大森 正之 氏 (東京大学 教養学部 生命認知学科長)
斉藤 和季 氏 (千葉大学 教授)
境野 信  氏 (王子製紙株式会社 研究開発本部 森林資源研究所 所長代理)
柴田 大輔 氏 (かずさDNA研究所 主席研究員)
下村 講一郎氏 (東洋大学 生命科学部 教授)
早川 孝彦 氏 (植物工学研究所株式会社 主任研究員)
(五十音順・敬称略)
多喜田 圭二 (NEDO バイオテクノロジー開発室長)
5.参加申し込み方法
 下記URLに掲載されている参加申込書に必要事項をご記入の上、事務局までFAXにてお申し込み下さい。
 URL http://www.nedo.go.jp/informations/press/140117/140117.html
 会場の都合により、定員になり次第お申し込みを締め切らせていただきます。
 お申し込み締め切り日: 1月25日(金)
6.参加費 無料
7.その他、本ワークショップの内容に関するお問い合わせ先
 NEDOバイオテクノロジー開発室 斉藤・浅子 電話03-3987-9398