第2回理研バイオアーキテクトシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


●大学や公的研究機関の学会・セミナー案内は無料掲載、企業は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


下記のシンポジウムを開催します.ご来聴を歓迎します.申込みは不要です.


RIKEN The 2nd Bioarchitect Symposium
Bioarchitect Research: Building a Bridge between the Genome and the Life
「ゲノム」と「生物らしさ」との架け橋をめざして

日時:2002年1月15日(火)
場所:理化学研究所和光本所・鈴木梅太郎記念ホール
   (東武東上線/営団有楽町線和光市駅下車、徒歩10分)

9:30-9:40
中野 明彦(理研)開会の辞
Akihiko Nakano (RIKEN) Opening remarks

9:40-11:10
花岡 文雄(理研/阪大)生物はゲノムの損傷にどう対処するか?
Fumio Hanaoka (RIKEN/Univ Osaka) How do living cells cope with genomic damages?
凌 楓(理研)酵母ミトコンドリアDNAのホモプラスミー形成における相同的組換えの作用
Feng Ling (RIKEN) A role of homologous recombination for establishing homoplasmy of yeast mitochondrial DNA.
三浦 正幸(理研)プログラム細胞死シグナルの分子遺伝学
Masayuki Miura (RIKEN) Genetic studies in cell death execution mechanisms.

11:30-12:30
古園 さおり(理研)アルカリ適応、分化、共生に関わるSha アンチポーターのユニークな構造的特徴と機能
Saori Kosono (RIKEN) Unique characteristics and function of Na+/H+ antiporter of Sha&s_comma; which is involved in alkaliphile&s_comma; sporulation&s_comma; and symbiosis.
依田 幸司(東大)酵母小胞輸送系膜構造と構成要素の動態
Koji Yoda (Univ. Tokyo) Dynamic structure and components of the membranes in yeast vesicular transport.

13:30-14:30
上田 貴志(理研)高等植物の小胞輸送機構における進化戦略
Takashi Ueda (RIKEN) A plant-unique Rab GTPase functioning in the endocytic pathway of Arabidopsis.
鎌倉 高志(理研)真核生物遺伝子進化の研究材料としてのイネいもち病菌
Takashi Kamakura (RIKEN) The rice blast fungus Magnaporthe grisea: a model organism for the research on evolution of eukaryotic genes and their functions.

14:40-15:40
瀧尾 擴士(理研)ポストゲノム時代のタンパク質構造解析:迅速同定それとも詳細解析?
Koji Takio (RIKEN) Protein structural analysis in post-gemome era: high-throughput or tailor-made?
藤井 輝夫(東大)ゲノムから細胞へ-新しい解析技術の発展と将来
Teruo Fujii (Univ. Tokyo) From Genome to Cell - innovations in analytical techniques.

16:00-17:30
永田 恭介(筑波大)クロマチン構造変換とゲノム情報の組織化
Kyosuke Nagata (Univ. Tsukuba) Chromatin remodeling and organization of genome information.
松本 健(理研)mRNP形成と翻訳調節
Ken Matsumoto (RIKEN) Translational regulation through mRNP formation.
松崎 文雄(理研/東北大)非対称細胞分裂による細胞の多様化
Fumio Matsuzaki (RIKEN/Univ. Tohoku) Asymmetric cell divisions and cellular diversity.

17:30-17:40
大熊 盛也(理研)閉会の辞
Moriya Ohkuma (RIKEN) Closing Remarks