日本国際生命科学協会(ILSI Japan)は、北海道バイオ産業振興会の後援を受けて、遺伝子組換え食品の安全性試験に関するシンポジウムを12月1日に札幌市で開催する。開催間近であるため、事前に参加申し込みをしなくとも、参加は可能だという。参加は無料だ。




ILSI Japanシンポジウム「遺伝子組換え食品」
?安全性を確認するためにどんな試験をしているのか?


日時 : 平成13年12月1日(土)13 : 30 から 16 : 50(受付 13 :10 から)
会 場 : 札幌東急ホテル 2階 真珠の間
     札幌市中央区北4条西4丁目
     電話:011-231-5611
     地下鉄さっぽろ駅(南北線)下車、徒歩3分
     JR札幌駅下車、徒歩3分
主 催 : ILSI Japan ( 日本国際生命科学協会 )
後 援 :北海道バイオ産業振興協会
参加費 :無料
定員 : 200名

プログラム
13:30-14:10 遺伝子組換え食品が出てきた背景・現状
 日本国際生命科学協会 バイオテクノロジー研究部会 橋本昭栄
14:10-15:10 安全性を確認するための取り組み
 日本国際生命科学協会 バイオテクノロジー研究部会 笠井美恵子
15:10-15:25 休憩
15:25-16:15 植物バイオの可能性
 独立行政法人 産業技術総合研究所 北海道センター
 生物遺伝子資源研究部門 主任研究員 松村健
16:20-16:50 パネルディスカッション
 コーディネーター
 日本国際生命科学協会 事務局長 福冨文武
16:55 閉場

問い合わせ
日本国際生命科学協会「遺伝子組換え食品」シンポジウム係
〒102-0083 千代田区麹町2-6-7麹町R・Kビル
E-メール: bio@ilsijapan.org
電話 03-5215-3535     FAX 03-5215-3537
詳しくはこちらまで