知的財産・産学連携ワークショップが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


●大学や公的研究機関の学会・セミナー案内は無料掲載、企業は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


文部科学省 平成13年度 21世紀型産学連携手法の構築に係るモデル事業 シンポジウム 「知的財産・産学連携ワークショップ」

 日時:11月23日(金)-24日(土)
 場所:東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区駒場4-6-1)
 参加費:無料(希望者多数の場合、抽選といたします)

 主催 東京大学先端科学技術研究センター
     知的財産マネジメント研究会
 共催 東京工業大学フロンティア創造共同研究センター
     政策研究大学院大学
 後援 経済産業省
     学生ビジネス研究会(BLS)
     ビジネスIPR
     TLO協議会ビジネス委員会
     日本製薬工業協会
     株式会社先端科学技術インキュベーションセンター(CASTI)
     株式会社先端技術インキュベーションシステムズ(ASTI)
     先端科学技術エンタープライズ株式会社(ASTEC)
     有限会社円卓会議

詳細はホームページで。

<ワークショップの趣旨>
 大学で生まれた科学技術の成果を産業化し、産業競争力の促進を図るためには、技術移転やベンチャー創業に携わる人材の充実が必須である。東京大学先端科学技術研究センターでは、主として大学院生や若手研究者に向けた知的財産権の啓蒙と人的交流の促進を目的として、2000年4月より「知的財産マネジメント研究会」を開催している。機を同じくして、ベンチャー創業に関心のある学生を中心とした「学生ビジネス研究会(BLS)」や、ビジネスにおける知的財産権の重要性の高まりに対応したインフラ整備を目指す「ビジネスIPR」の活動も活発化している。また、大学技術移転機関(TLO)の連携組織として「TLO協議会」が発足、さらには大学発ベンチャーを支援する機関も誕生している。
 こうした潮流の中で、知的財産権に関するビジネスや研究の先端情報を提供し、さらにこの分野への社会的関心を高めること、ならびに既存の諸組織の連携を深めることを目的として、本ワークショップを企画した。本ワークショップが、大学における知的財産権の実務と教育を強化し、産学連携を促進する一助となれば幸いである。


<知的財産マネジメント研究会(Society for Management of Intellectual Properties; SMIPs)とは>
 当研究会は、2000年4月から月一回、土曜に、東京大学先端科学技術研究センターで開催されています。理工系の大学院生・ポスドク・企業研究者などを主な対象として、知的財産権とそのマネジメントについて情報交換・討論を行っています。
 特に、技術移転機関でライセンスアソシエイトとして活躍したいと考えている方、ベンチャー創業を志す方、ならびに知的財産権を研究対象としたい方を歓迎いたします。しかし、参加者はそれらの方々に限定されるわけではなく、研究会の趣旨に賛同してくださる方であれば、どなたでも歓迎いたします。アドバイザー的な立場で参加者と交流することを希望される方の参加も歓迎いたします。簡単な自己紹介を添えて隅蔵までメールをくだされば、メーリングリストに登録いたします。
 2001年11月23日、24日には、この研究会の拡大版として、上記の「知的財産・産学連携ワークショップ」を東京大学先端科学技術研究センターにて開催する運びとなりました。詳細情報や参加登録は、下記ウェブサイトからリンクをたどることができます。
 これまで当研究会に参加されたことのある方もない方も、ふるってお申し込みください。