バイオインダストリー協会が主催するJBAバイオベンチャーフォーラム(旧:BIPフォーラム)の第5回シンポジウムが、11月1日、東京都千代田区の学士会館で開催した。会場は200人以上の参加者で満員、ベンチャー創業への関心の高まりを示した。
 このシンポジウムには、ベンチャーキャピタル、ベンチャー起業家、大手企業、のバイオ関係者、政府関係者などが参加、有望ベンチャー企業との橋渡しを行うのが目的だ。午後3時から10社のバイオ・ベンチャー企業が、独自技術、投資勧誘、そして人材募集のためのプレゼンを行った。また、プレゼン終了後は、ポスターセッション、午後6時からはネットワーキング会(懇親会)が開催された。
 発表した企業は、1)ポストゲノム研究所、2)ジーンアクト、3)ノバスジーン、4)アイ・ディ・テクニカ、5)メイズ、6)ザナジェン、7)ユース・テクノコーポレーション、8)ニッポンジーンテック、9)ティーユーエム研究所、10)エー・エッチ・シーの10社である。(宮田 満@学士会館)


+ベンチャー+