***** seminarMLから情報転載 *****

臨床研セミナー11/5/2001

以下のようにセミナーを行いますので奮って御参加ください。なお、事前連絡などは
不要です。


日時:11月5日(月)午後4時から
場所:東京都臨床医学総合研究所(都営地下鉄南北線本駒込駅あるいは山の手線田端
駅下車徒歩
10分駒込病院奥)2階会議室

演者
Prof. Ron Laskey
MRC Cancer Cell Unit
Hutchison MRC Research Centre
Hills Road
Cambridge
CB2 2XZ

演題:Control of human DNA replication and its exploitation for cancer
diagnosis.

Laskey博士は、真核細胞のDNA複製制御機構および、タンパク質の核移行の分子機構
の研究などで大変著明です。特に、DNA複製制御機構の研究においては、複製開始に
必須で、開始の後は再複製を抑制するために不活性化される、ライセンス因子を、カ
エル卵抽出液を用いた研究から発見されました。また、数年前に、ヒトの単離核をも
ちいたin vitro DNA複製系を開発し、染色体複製開始機構を解析されております。今
回は、11/6-9まで神戸で開催される3R(replication&s_comma; recombination and repair)シ
ンポジウムに招聘され来日されました。本セミナーにおいては、ヒト細胞のDNA複製
制御の分子機構、および、最近、Laskey博士らが独自に開発された複製因子あるいは
複製アッセイシステムの癌診断への応用について最新の知見を紹介していただく予定
です。


世話人
正井久雄(臨床研、細胞生物)

Hisao Masai
Department of Cell Biology&s_comma;
Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science&s_comma;
3-18-22 Honkomagome&s_comma; Bunkyo-ku&s_comma; Tokyo 113-8613&s_comma; JAPAN
Tel: 81-3-5685-2264; Fax: 81-3-5685-2932; E-mail: hmasai@rinshoken.or.jp


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」メーリングリスト・フォーラム欄でアクセスできる。