皆さん、おはようございます。オーストラリアの首都Camberraで開催されていたComBio2001の取材を終了、昨日の夜、少し頼りないプロペラ機でSydneyに戻りました。首都とはいえ、ほとんど人通りが無く、これが繁華街と首をかしげるようなところしかなかった人造都市から、久しぶりに都会に戻りほっとしております。
 しかし、くたびれ果てて到着したホテルで、埼玉県の高校の修学旅行の一段と遭遇、めまいがいたしました。異国で見る、ギャルの姿は、コアラどころの騒ぎではありません。
 そのショックも覚めやらぬまま、本日は早朝から豪州のプロテオーム専門研究機関を訪問します。豪州の研究機関CSIROの他、世界をリードしたプロテオーム解析機関APAF(Australian Proteome Analysis Facility)やプロテオームのベンチャー企業では豪州一のProteome System社などをまわる予定です。取材の状況によっては、土曜日も仕事を強いられる可能性濃厚です。豪州の最先端のプロテオームの現場からのレポートは、来週、お届けいたします。どうぞご期待ください。(宮田 満@Sydney)


ComBio2001公式サイト
ComBio2001特集「プロテオームはバイオを救うか」


+プロテオーム+