玉川大学学術研究所が、下記の要領で微生物資源ワークショップを開催する。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


                    2001年10月1日
各位
             微生物資源ワークショップ事務局
             玉川大学学術研究所
             奥田 徹・沖 俊一

       第4回微生物資源ワークショップ
        「天然物研究とその戦略」
拝啓
秋冷の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。来る11月27日に第4回微生物資源ワークショップを(財)バイオインダストリー協会との共催で開催いたしたく、ここにご案内申し上げます。今回は学内で開催いたしますが、メルクの天然物スクリーニングの研究所長やノヴォザイムなど国内外の一流企業・大学の研究者をお招きして、「天然物研究とその戦略」と題し、ポストゲノム時代を迎えて、どのように生の微生物研究にとりくんでいるのか、あるいはアッセイ構築の戦略など具体的な話題を提供していただきます。参加ご希望の方は、下記要領に従って、期日までにお申し込み下さい。
敬具

         記
日 時: 2001年11月27日(火)14:00-16:50

場 所: 玉川大学・大学研究室棟B104号室
小田急線玉川学園前駅下車徒歩10分

主 催: 玉川大学学術研究所応用生命科学研究施設 奥田 徹・沖 俊一
共 催: (財)バイオインダストリー協会

参加費: 2&s_comma;000円(懇親会費込み)
参加申し込み: 11月9日までに、参加申込書に必要事項を記入の上、ファックスまたはEmailで奥田宛お申し込み下さい。
FAX 042-739-8669 Email torula@lab.tamagawa.ac.jp

地図は私どものホームページをご覧下さい。
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/gakujutu/alsrc/sigen_index.htm
テーマ: 「天然物研究とその戦略」:ポストゲノム時代を迎えて、どのように生の微生物研究にとりくんでいるのか、あるいはアッセイ構築の戦略など

プログラム(仮題):
ごあいさつ 沖 俊一・玉川大学学術研究所 14:00-14:10
1.「酵素スクリーニング源を微生物に求めて」 14:10-14:50
Mikako Sasa&s_comma; Research Scientist&s_comma; Novozymes A/S (デンマーク)
2.「医薬品スクリーニング・アッセイ構築の実際とその戦略」 14:50-15:30
内田隆史・東北大学加齢研究所助教授
コーヒー・ブレイク 15:30-16:10
3.「天然物スクリーニングとその戦略」 16:10-16:50
Fernando Pelaez&s_comma; Director&s_comma; Merck Sharp & Dohme de Espane (スペイン)
おわりに 奥田 徹・玉川大学学術研究所 16:50-17:00
懇親会、グリーンヒルズ(学内)にて 17:20-19:20

参加予定人数:約50名

期待される参加予定組織:
政府、アカデミアと国公立研究所
経済産業省、国立感染症研究所、(財)バイオインダストリー協会、東北大学、共立薬科大学、名城大学、富山県立大学、玉川大学、Centre for Natural Product Research&s_comma; Singapore

企 業
(株)味の素、バイエル薬品(株)、中外製薬(株)、藤沢薬品工業(株)、科研製薬(株)、(株)キリンビール、協和醗酵工業(株)、明治製菓(株)、メルシャン(株)、日本化薬(株)、日本ロシュ(株)、大塚化学(株)、大鵬薬品(株)、大正製薬(株)、武田薬品工業(株)、田辺製薬(株)、東レ(株)、富山化学(株)、ウェルファイド(株)、山之内製薬(株)、ノヴァルティス・ファーマ、Merck Sharp & Dohme&s_comma; Spain、Novozymes A/S&s_comma; Denmarkほか
以上

第4回微生物資源ワークショップ参加申込書

ご芳名

ご所属


TEL

FAX

Email


+HTS+