***** seminarMLから情報転載 *****

 東京大学医科学研究所学友会セミナーのおしらせをお送りします。


日  時: 平成13年10月9日(火) 15:00 から 16:00

場  所: 東京大学医科学研究所 アムジェンホール大会議室
(地下鉄南北線白金台下車。2号館となりのアムジェンホール2階です。)

講  師: 石野史敏博士
東京工業大学遺伝子実験施設、助教授

演  題: 哺乳動物におけるエピジェネティクな遺伝子発現制御機構 - ゲノムインプリンティングとクローン動物

概  要:

体細胞系列のエピジェネティクスの視点からのクローン動物の個体発生について、また生殖細胞系列のエピジェネティクスとゲノムインプリンティングについて、最新の研究結果を紹介していただきます。またクローン動物の遺伝子発現の異常についてや生殖細胞から作製したクローンマウスの解析、インプリンティング遺伝子と糖尿病との関係など興味深い話題を提供していたける予定です。

お問い合わせなどは 山本 雅教授までお願いいたします。
(電話03-5449-5301)


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」メーリングリスト・フォーラム欄でアクセスできる。