地方自治体のバイオ研究予算の減少に歯止めがかかった。財政健全化を目指して行政改革に取り組んでいる中、バイオテクノロジーに期待をかけ、予算を増額する自治体が増加している。

 ただし、バイオ・ベンチャーの設立支援など地場産業の活性化を目指した事業に予算を振り分けられる事例が増えてきており、各自治体の試験研究機関に漫然と振り分けられる予算は減少傾向だ。試験研究機関には、戦略的に研究を進め、いかに地域の産業に貢献するかという課題が突きつけられている。


***********************************************************************

 上記記事の詳細は、紙媒体の日経バイオテク(2001年9月24日号)の「特別版バイオ・インテリジェンス」で掲載しています。


《お知らせ》

 日経バイオテクは、2001年4月9日号から誌面を刷新いたしました。誌面刷新により、これまで付録としてお届けしていた「バイオ・インテリジェンス」(BI)を本誌に統合し読みやすくするとともに、研究開発と市場・産業動向を日経バイオテク独自に分析した「バイオ・マーケットハイライト」(BMH)を新設いたしました。

 ただし、今号の「バイオ・インテリジェンス」では、地方自治体を対象に実施した調査結果を20ページにわたって特集したため、特別版の付録とさせていただきました。なお、今号は、「バイオ・マーケットハイライト」はお休みとさせていただきます。

 お問い合わせ等はFAXまたは電子メールでお受け致します。読者番号、所属組織名、氏名、電話、FAX番号または電子メール・アドレスを明記のうえ、FAX:03-5210-8118 または nbt-e@nikkeibp.co.jpまで。


***********************************************************************

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから


「日経バイオテク・オンライン」のお申込みはこちらから
(「日経バイオテク」の同時申込みも可能です)