樹状細胞やLAKなどを利用し次世代のガン免疫療法を開発中のベンチャー企業(代表取締役、谷川啓司氏、写真)ジェー・ビー・セラピュティクスが、Biotechnology Japanのバーチャル・インキュベーション・サイト「ベンチャーValley」に入居した。
 同社は下記の要領で人材を募集中だ。最新情報は「ベンチャーValley」でアクセスできる。


ジェー・ビー・セラピュティクス株式会社

 当社は日本の癌免疫療法の推進を目的に2001年3月に開設しました。当面の主な事業は新たな癌免疫療法の研究・開発、および臨床の場としての癌免疫療法を行うクリニックの運営サポート、ならびにクリニックで行っている癌免疫療法の免疫学的解析です。
 地上2階から地下2階にいたる敷地を利用しクリニックと会社並びに研究所を設置し、細胞処理には大規模なクリーンルームを利用しています。今後の癌免疫療法の進むべき道としての条件を備えた施設だと自負しています。

《人材募集》
クリーンルーム内で細胞の処理培養を行う技師を募集しています。ルーチーンワークのみでなく、自ら望んでその細胞の免疫学的解析だけでなく、新たな研究を心がけてみたいと思うよな積極的な方を募集しています。細胞処理後の投与された患者情報は担当医師とともにその臨床的な評価にもできるだけ参加してもらい、現実的な治療に参加してもらうつもりです。待遇はジェー・ビー・セラピュティクス(株)の正社員として各種保険完備。
応募希望者は tanigawa@jb-t.co.jp まで


+ベンチャー+ガン+細胞工学+