東京大学医科学研究所癌・細胞増殖部門人癌病因遺伝子分野の渡邉俊樹氏が行っているバーチャル講義「 ホジキン病の分子機構と遺伝子治療の可能性」の最終回が始まった。 最終回のテーマは「アデノウイルスベクターによるホジキン病等血液リンパ系腫瘍の治療の可能性」だ。詳細は、専門情報サイト「シグナル伝達」のHot Lectureでアクセスできる。


+シグナル伝達+専門情報サイト+遺伝子治療+