「バイオ研究者に夏休みは必要か?」。この挑発的な質問にわが国のバイオ研究者の大部分は、夏休みは必要であると回答した。いまや猛烈研究者の時代は終焉した模様だ。
 8月12日現在、244人のバイオ関係者が投票に参加。夏休みが必要だとしたのは200票、不要という猛烈研究派は39人、分からないは4人に止まった。詳細は下記の投票サイトをクリックしてご覧いただきた。(第14回バイオ投票、2001年8月7日から)
●投票サイト