第12回バイオ投票は、経済省の次年度のバイオ施策を問う。既に302人の方が投票した。私の取材では、経済省は2002年度のバイオ施策の目玉として、ダイナミック・バイオを取り上げる方針だ。これは細胞内の遺伝子発現、蛋白翻訳、蛋白機能などをダイナミックに観察して、遺伝子の機能解析を行おうという研究だ。最近、米国で盛んになる兆しのあるセローム(CellomeもしくはCellomics)を先取りしようというものだ。この研究はわが国のバイオの先導的研究足りうるか?皆さんの意見を問う。下記のサイトで皆さんの清き一票を。
バイオ投票(リストの一番下に今回の質問があります)

  Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満