経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(
NEDO)は、インターネット上で、政策やその実施方法などに関する意見を聴取・反映させるため、専門家のバーチャル・パネル討論会を公開した。わが国では初めての試みといえるだろう。e政府の足音が聞こえてくる(宮田 満)。


経済産業省発表

このたび、今後の経済産業省/NEDOの施策を企画・推進するにあたり、政策の内容を含めて公の場で議論し、広く一般からの意見を収集し、施策に反映させていくことを目的にネットフォーラムを開催いたしますので、下記の通りご案内いたします。

                              記


1.ネットフォーラムの開催について
 この度、経済産業省とNEDOでは、平成14年度から開始する次期研究開発プログラムについて、広く意見交換し、各分野での共通認識の醸成と内容の充実を図ることを目的としてワークショップ/フォーラムを開催することになりました。本フォーラムは、インターネットを活用した手法で討議する新たな試みです。
 現在検討中の次期プログラム毎にパネリストによる議論がオープンに展開されており、自由にご覧いただけます。
 また、皆様のディスカッションへの参加が可能ですので、よろしければ是非、ご発言・参加下さい。
●開催期間
   6月26日(火) から 7月3日(火)
●URL   www.RandD-forum-meti.com
 ※フォーラム会場へは、上記URLを入力するほか、経済産業省、NEDOのホームページからもアクセスできます。
●開催テーマ
・生物機能を活用した循環産業システムの創造
・より健康な生活を求めてから医療・福祉機器の開発から
・循環型(ゴミゼロ)社会の構築に向けてから3R対策の推進から
・部材産業の創成から素材産業の高付加価値化から