第2回ミレニウムプロジェクト「がん・ゲノム・脳」合同シンポジウムが、下記の要領で7月11日に東京で開催される。




ご案内

 文科省科学研究費・特定領域(C)「ゲノム」「脳」「がん」の3領域が、文科省におけるミレニアムプロジェクトとしてスタートして1年経ちました。

 基幹研究である「ゲノム」研究を基礎とし、新たに組織された「脳」研究と、そして長らくひとつの組織として研究成果を挙げてきた「がん」の3領域が、密接な協力の下に大学等の研究者の英知を結集して、最終的にはその成果を「疾患の克服」という応用成果に向けて研究を進めております。3領域の合同シンポジウムは広く国民、産業界、そして官学の皆様に研究内容をご紹介し、御理解、御支援をいただくことを目的に開催するものです。


 今回は、中村祐輔・東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター教授に、遺伝子発現解析に基づくオーダーメイド医療へのアプローチについて、江見充・日本医科大学老人病研究所教授に、ゲノム構造変化に基づく乳癌・甲状腺癌の個性の体系的解析についてお話しいただきます。

 岡野栄之・慶應義塾大学医学部教授には、神経幹細胞研究の最新の結果を、祖父江元・名古屋大学大学院医学研究科教授には、最も治療に近いといわれている球脊髄性筋萎縮症についてご講演を願いしました。

 2000年のタンパク質立体構造予測コンテストのCAFASP部門で最優秀の成績をあげられた梅山秀明・北里大学薬学部教授に蛋白質立体構造モデリングとその応用の可能性について、堀川幸男・群馬大学生体調節研究所助教授には、多因子疾患感受性遺伝子同定の最初の例として、シカゴ大学で行われました2型糖尿病感受性遺伝子NIDDM1の同定についてお話しいただきます。

 皆様、ふるってご参加下さい。

「がん・ゲノム・脳」合同シンポジウム世話人
菅野純夫(「ゲノム」領域)
辻 省次(「脳」領域)
斉藤 泉(「がん」領域)



プログラム

参加費 :無料
日程 :平成13年7月11日(水曜日)  
会場 :日本教育会館 一ツ橋ホール
住所 :101-0003 千代田区一ツ橋2-6-2
会場地図URL :http://www.jec.or.jp/koutuu/index.html


講演者と演題

13:00から13:10  文部科学省挨拶

13:10から13:40  特定領域研究C代表挨拶

13:40から14:10  ゲノム的アプローチによるオーダーメイド医療の実現に向けて(中村祐輔 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター)

14:10から14:40 体系的ゲノム情報に基づく乳癌・甲状腺癌の個性診断(江見充 日本医科大学老人病研究所・教授)

14:40から15:00   休憩

15:00から15:30 幹細胞システムを用いた中枢神経系の再生医学(岡野栄之 慶應義塾大学医学部・教授)

15:30から16:00 球脊髄性筋萎縮症の分子病態と治療への展望(祖父江元 名古屋大学大学院医学研究科・教授)

16:00から16:30 蛋白質立体構造モデリングとその医学領域への応用(梅山秀明 北里大学薬学部・教授)

16:30から17:00 common disease-2型糖尿病の疾患感受性遺伝子(NIDDM1)の同定について(堀川幸男 群馬大学生体調節研究所・助教授)


参加は無料ですが、座席に限りがございますので、事前登録お願いいたします。

申込方法
1.参加者氏名   
2.郵便番号・住所(勤務先か自宅かを明記)
3.電話番号   
4.職業(勤務先)
をご記入の上、E-MailかFAXにて事務局までお申込下さい。

申込先および問い合わせ先
(株)クバプロ内「生命の理解から疾患の診断治療へ」事務局
〒102-0072 千代田区飯田橋4-6-5 TH第4ビル
TEL:03-3238-1689     FAX:03-3238-1837
E-Mail:genome@kuba.co.jp   URL:http://www.kuba.co.jp