東京大学医科学研究所癌・細胞増殖部門人癌病因遺伝子分野の渡邉俊樹氏によるバーチャル講義「ホジキン病の分子機構と遺伝子治療の可能性」第3回が始まった。今回のテーマは、ホジキン病の病因に迫る「
CD30過剰発現とHodgkin-Reed-Sternberg(H-RS)細胞」だ。詳細は専門情報サイト「シグナル伝達」でアクセスできる。


+専門情報サイト+シグナル伝達++