トキシコゲノミクス国際フォーラム2001、参加者募集開始

(2001.06.13 00:00)
 トキシコゲノミクス国際フォーラム2001が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


【トキシコゲノミクス国際フォーラム2001】のご案内

● Topics
(1) Reverse Toxicologyとは何か?
(2) テクニカルセミナー
(3) 実験的応用
(4) リスクアセスメントへの展望

このフォーラムでは、化学物質一般の生体影響について、遺伝子の発現解析(cDNAのマイクロアレイやそのフィンガープリンティング)、蛋白レベルでの発現パターン(およびそのプロテオミクスフィンガープリンティング)、およびそれらのインフォマティクスによる解析(トキシコゲノミクス、トキシコプロテオミクス、およびトキシコインフォマティクス)、に関する(1) ストラテジー:トキシコゲノミクスにおけるフォワードとリバース、(2) テクニカルセミナー、(3) 実験的応用、および(4) リスクアセスメントへの展望について、研究交流を行います。

● 聴講ご希望の方は、最後に記載してある案内に従って、お申し込み下さい。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

Toxicogenomics International Forum 2001


日時:2001年10月31日(水)および 11月1日(木)の2日間
   午前9時30分から午後6時30分

場所:順天堂大学 有山記念館 3階講堂
   東京都文京区本郷2-1-1(JR・地下鉄 お茶の水駅)

Tentative Titles

● 基調講演
James Selkirk (NCT/NIEHS&s_comma; USA): Toxicogenomics: a new tool for the study of disease causation.

新井賢一(東大医科研): Toxicogenomics in genome science world.

William Pennie (Syngenta&s_comma; UK): Applications of transcript profiling to mechanism based toxicology.

● 予定演者(プログラム順)
Christopher Corton (CIIT&s_comma; USA): Toxicogenomics of chemically-induced liver disease.

Timothy Gant (MRC&s_comma; UK): Signature gene expression profiles in the cholestatic liver: a microarray analysis.

Andrew Smith (MRC & U Leicester&s_comma; UK): Use of reverse genetics and cDNA arrays to understand dioxin toxicity.

Matthew Bartosiewicz (UC-San Diego&s_comma; USA): In vivo applications of a toxicological gene array.

William Pennie 2 (Syngenta&s_comma; UK): Custom cDNA microarray platform; design&s_comma; construction&s_comma; usage.

NN (Affymetrix社): title to be fixed

NN (GeneLogic社): title to be fixed

Anoop Grewal (Silicon Genetics社&s_comma; USA): Taming the mass of microarray data: systematic approaches to gene expression analysis.

小口しのぶ(InfoGenes社): Expression profiling of the estrogen responsive genes using DNA microarrays for hormone-based assays in diagnosis&s_comma; drug screening and environmental monitoring.

唐沢 毅(Ciphergen Biosystems社): Application of ProteinChip system for toxicology biomarker discovery from urine&s_comma; tissue lysate and plasma.

Bruce Blumberg (UC-Irvine&s_comma; USA): A new approach to functional genomics.

Joel Pounds (Pacific NW Natl Lab&s_comma; USA): New technologies for plasma protein biomarkers for exposure&s_comma; response&s_comma; and susceptibility.

Jay Goodman (Michigan State U&s_comma; USA): Toxicogenomics: making progress by maintaining a focus on the fundamentals of toxicology.

森村圭一朗(大阪市大): Difference of gene alterations in tumors induced by genotoxic and non-genotoxic carcinogens.

一石英一郎(京都府立医大): Screening trial of cancer chemopreventive agent by using combination of DNA chip technology and Cell Signaling Network Data Base (CSNDB).

石川智久(東京工大): ABC transporters: functional genomics and toxicogenomics in drug discovery.

Bruce Blumberg 2 (UC-Irvine&s_comma; USA): Alterations in gene expression in deformed frogs from North America.

有薗幸司(熊本県立大): C. elegance as a tool of environmental toxicology.

関 直彦(Helix研究所): title to be fixed
K.K. Kwong (Pacific NW Natl Lab&s_comma; USA): Application of cDNA microarray for uterotropic assay.

渡邊 肇・井口泰泉(岡崎国立共同研究機構): Large-scale gene expression analysis for evaluation of endocrine disruptors.

森 千里(千葉大): Analysis of toxicogenomic response to endocrine disruptors in male mice and humans.

David Dix (EPA&s_comma; USA): Gene expression profiling to identify mechanisms of male reproductive toxicity.

Denise Robinson (ILSI&s_comma; USA): title to be fixed

菅野 純(国立衛生研): title to be fixed

Keith Bostian (Iconix Pharmaceuticals社&s_comma; USA): Chemogenomics for predictive drug assessment.

村松正明(HuBit Genomix): Toxicogenomics in the Post-genome era.
ほか


● 聴講者募集

募集開始:2001年6月10日
参加費:5000円(Proceedings含む、2日間通し)当日受付にて
定 員:300名の予定
ご希望の方は、1名ごとに往復はがきに、参加者氏名・所属機関および所在地・連絡先(電話番号、FAX番号、E-mailアドレスを含む)を記載し、下記あてお申し込み下さい。


【フォーラム準備事務局】
158-8501
東京都世田谷区上用賀1-18-1
国立医薬品食品衛生研究所毒性部内
井 上  達

(お問合せ先)五十嵐勝秀
e-mail: tox-genome@nihs.go.jp
Tel: 03-3700-9672
FAX: 03-3700-9647


+先端ゲノム+ジェノタイプ+DNAチップ+



日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧