16日から開始した第三回のバイオ投票は、ようやく80人超のバイオ関係者が投票するにとどまっています。総論では生命倫理は大切だというバイオ研究者だが、この問題に関しては、きわめて関心が薄い可能性を示しているようです。
 今回、皆さんにお尋ねするのは、「4月から施行された厚生労働省、文部科学省、経済産業省共同の『ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針』で、個人情報の保護が可能か?」( target=_blank>関連記事(第三回バイオ投票、2001年4月16日から)。
 下記のサイトから皆さんの清き一票を。バイオ投票サイト。