皆さん、これから東京に向います。とても充実した取材でした。まだまだ書き残したことばかりです。激動する欧州の状況をこれからお伝えいたしますので、どうぞご期待ください。

 写真は、ベルギーTibotec社の若い研究員です。笑顔が印象的ですが、彼女らがいるのはP3施設です。ガラスの向こうで、薬剤耐性を獲得したAIDSウイルスの一部の遺伝子(感染性の心配はほとんどない)を扱っています。変異した遺伝子の配列情報を解析して、その患者に最も適した薬剤を選別するサービスを行っています。彼女らの明るさにこそ、猛烈な勢いで経済や科学研究の復活を進める欧州の今があります。

 では、皆さん、お元気で。(宮田 満@Brussels)


欧州バイオ特集


+免疫+ジェノタイプ+biovision+