BioVision、非営利陣営のゲノム配列は12日に公表
 米国ヒトゲノム研究所長のFrnacis Collins氏は、2月8日に行った講演の中で同氏が中心となって解析したヒトゲノムの塩基配列を2月12日発売の科学雑誌Natureに発表することを明らかにした。ヒトゲノム解析は、Collins氏を中心に日米欧の大学や公共研究機関による非営利陣営と米国Cellala社がデッドヒートを展開していた。Cellela社も米国の科学雑誌Sciensに塩基配列を発表する言及、両陣営は同時にそれぞれの研究結果を公表する。(小崎丈太郎)
+biovison+