コンビナトリアル・バイオエンジニアリング研究会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


第1回
コンビナトリアル・バイオエンジニアリングシンポジウム
ー新バイオ分子と機能の創出をめざしてー

21世紀の開幕。
バイオテクノロジーのニューウエーブに熱き期待を!

主催:コンビナトリアル・バイオエンジニアリング研究会
    協賛:(財)バイオインダストリー協会
       財)化学技術戦略推進機構
       情報計算化学生物 (CBI) 学会
       化学工学会バイオ部会

大阪シンポジウム
 2001年1月19日(金)10:30より
      銀杏会館(阪大内)
東京シンポジウム
 2001年1月26日(金)10:30より
      弥生講堂(東大農内)
ともに、参加費:2000円(学生無料)
    要旨集:1000円
    懇親会費:5000円(学生3000円)

連絡・問い合わせ先:〒606-8501 京都市左京区吉田本町
         京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻
           応用生物化学分野(田中研究室)
            植田充美宛て
Tel/Fax: 075-753-5554/5534
E-mail: miueda@sbchem.kyoto-u.ac.jp


大阪シンポジウム
 2001年1月19日(金)10:30より
     銀杏会館(阪大内)

10:30ー10:45 はじめに
              小林昭雄(阪大院・工)
10:45ー11:30 ファージディスプレー法とその応用
              吉村 徹、江崎信芳 (京大・化 研)
11:30ー12:15 SELEX法によるDNAアプタマーの取得
              福崎英一郎、小林昭雄(阪大院・工)
13:30ー14:15 抗体可変領域コンビナトリアルライブラリーと新機能分子の選択・調製
              津本浩平、熊谷 泉(東北大・院工)
14:15ー15:00 コンビナトリアルな手法による新原理免疫測定法一般化の試み
              上田宏,長棟輝行(東大院・工)
15:00ー15:45 無細胞タンパク質合成系とPCRによるタンパク質分子ライブラリーのin vitro構築法
              中野秀雄,河原崎泰昌,岩崎雄吾,山根恒夫(名大院・生命農)
15:45ー16:30 コンビナトリアル・グリーンバイオエンジニアリングをめざして
              近藤昭彦、福田秀樹(神大・工)、植田充美、田中渥夫(京大院・工)
16:30ー16:40 おわりに
              田中渥夫(京大院・工)
17:00ー19:00 懇親会(銀杏会館内)

東京シンポジウム
 2001年1月26日(金)10:30より
      弥生講堂(東大農内)

10:30ー10:45 はじめに
              田中渥夫(京大院・工・生化)
10:45ー11:30 バイオパニングプロセスの理論解析と効率の良いスクリーニング条件の設計指針
              片倉啓雄、庄国強、菅健一(阪大院・工)
11:30ー12:15 抗体CDRファージ・ライブラリーからの酵素機能の創出
              藤井郁雄(生物分子工研)
13:15ー14:00 コンビナトリアル化学による新アプタマーおよび新触媒の創成
              伊藤嘉浩(徳島大・工)
14:00ー14:45 小麦胚芽由来無細胞蛋白質合成系を用いた遺伝子産物のハイスループットスクリーニング法
              河原崎泰昌、中野秀雄、山根恒夫(名大院・生命農)
14:45ー15:30 コンビナトリアル・バイオエンジニアリングによるナノ・バイオテクノロジーをめざして
              植田充美、田中渥夫(京大院・工)
15:30ー16:00 細胞膜透過ペプチドとコンビナトリアルバイオエンジニアリングの接点
              二木史朗(京大・化研)
16:00ー16:30 コンビナトリアルバイオエンジニアリングと植物バイオの接点- 植物における外来有用タンパク質の機能発現
              吉田和哉、仲山英樹、新名惇彦(奈良先端大・バイオ)
16:30ー16:40 おわりに
              長棟輝行(東大・工)
17:00ー19:00 懇親会(東大農・生協食堂内)