日本生物工学会ゲノム工学研究会が下記の要領で、2月13日に名古屋大学で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会研究会欄でアクセスできる。


ゲノム工学研究会第5回講演会のお知らせ

主催 日本生物工学会ゲノム工学研究会
共催 CBI学会
日時 2001年2月13日(火)11:00 - 17:00
場所 名古屋大学シンポジオン

プログラム:
11:00 - 11:10 開会の挨拶
11:10 - 12:00 「High-Throughput Methods for SNP Genotyping and Gene Expression Using Bead Microarrays」
Dr. David Baker (Illumina Inc&s_comma; USA)
12:00 - 13:00 昼食
13:00 - 13:50 「DNAチップ技術を用いた予防医学への可能性」
京都府立医大 一石英一郎
13:50 - 14:40 「知識情報処理を用いたペプチドデータベース解析 -MHCクラスII分子を例にして -」
名古屋大学 本多裕之
14:40 - 15:00 休憩
15:00 - 15:50 「ゲノム情報解析とバイオインフォマティクス」
京都大学 五斗進

定員 200名
参加費 1000円
申し込み方法:E-mail.FAXまたは葉書にて氏名、所属、連絡先(住所、TEL、FAX、E-mail)を明記の上下記までお申し込みください。

連絡先、申込先:東京農工大学生命工学科 養王田正文
〒184-8588 小金井市中町2-24-16
(yohda@cc.tuat.ac.jp、TEL&FAX042-388-7479)


+HTS+バイオインフォ+DNAチップ+