皆さん、お元気ですか。8日間の中国バイオ取材も宝酒造大連の最終取材を残すのみです。現地は晴れ、しかしその分冷え込んでいます。昨日、取材の帰りに渤海湾に面した市制100年記念碑を見に行きましたが、風が強くあわや凍り付くのではないかと恐怖を覚えました。現地の観光客も根性で先端までにじりよっていましたが、到着すると木の葉のようにバスに戻っています。
 中国北部の冬は本当に寒い。北京原人が何故、世界に先駆けて火を発明したか、身体で納得いたしました。しかし、中国の人々は極めていきることに前向きで、上海のアダルト・ショップの名前が「生殖健康」。この感覚は日本人とはまったく違います。大連市内のバスも東京と同じように車体がコマーシャルで埋まっていますが、今はやっているのが、写真の健康食品です。どうやら植物性DNAで、ここでもゲノム・ブームです。ちなみに基因はgene、つまり遺伝子のことです。日本語より物事の核心に迫る語感があります。
 中国バイオの記事は来週から新年にかけて報道いたします。また、新年早々にはお年玉として「中国バイオ」の特集記事を計画しております。どうぞ皆さん、お楽しみに。(Webmaster@大連)


中国バイオ最新消息