第1回医真菌ミニシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・研究会欄でアクセスできる。


 第1回医真菌ミニシンポジウム御案内
Medical Mycology-Moving forward in the new millenniumが国立感染症研究所で催されます。

 日本語タイトルは「医真菌新春大風呂敷大会」です.
演者の一人がニュージーランドの研究者(Candida NewsのDr. Cannon)ですので,ついでに講演は英語で行いますが,ディスカッションはもちろん日本語で結構です.お気軽にご参加下さい.なお、懇親会の準備の都合上,出欠を世話人宛12月15日までにご連絡いただければ幸いです.多くの御参加をお待ち致しております.

世話人:
新見昌一 〒162-8640東京都新宿区戸山 1-23-1
国立感染症研究所、生物活性物質部、抗生物質室
Ph: 03-5285-1111 (内2326)、Fax: 03-5285-1272、E-mail: niimi@nih.go.jp

槙村浩一 〒192-0395 東京都八王子市大塚359
帝京大学医真菌研究センター
Ph: 0426-78-3256、Fax: 0426-74-9190、E-mail: makimura-tei@umin.ac.jp

***********************************************************
第1回医真菌ミニシンポジウム
Medical Mycology-Moving forward in the new millennium

日時:2001年1月15日(月)午後2時から5時まで
会場: 国立感染症研究所、共用第一会議室、〒162-8640東京都新宿区戸山 1-23-1
(JR高田馬場駅から地下鉄東西線に乗り換え早稲田駅下車、感染研まで徒歩6分)
懇親会費:1500円(終了後、所内の喫茶室モアで簡単な懇親会を開きます。多数ご参加ください。医真菌研究の将来について大いに語り合いましょう。
*************************************************************
Chair persons:
Dr Yozo Miyakawa (Yamanashi Medical College)
Dr Masakazu Niimi (National Institute of Infectious Diseases)

Speakers:
14:00-14:10
Dr Yoshimasa Uehara&s_comma; National Institute of Infectious Diseases
Opening remarks: Medical Mycology in the new millennium

14:10-14:35
Dr Koichi Makimura&s_comma; Teikyo University
Medical Mycology in space generation

14:35-15:00
Dr Kazutoshi Shibuya&s_comma; Toho University
Histophathology of pulmonary cryptococcosis

15:00-15:25
Dr Shigefumi Maesaki&s_comma; Saitama Medical University
Strategy of the treatment for azole resistant fungal infection

15:25-15:50
Dr Kyoko Niimi&s_comma; University of Otago
Discovery of multidrug efflux pump inhibitors in a D-octapeptide combinatorial library

15:50-16:15
Dr Takahito Suzuki&s_comma; Nara Women s University
Subtractive gene cloning in Candida tropicalis

16:15-16:40
Dr Richard D Cannon&s_comma; University of Otago
Fungal pathogenicity - the role of oral colonization in candidosis

16:40-17:00
Dr Hideyo Yamaguchi &s_comma; Teikyo University
Closing remarks: Medical Mycology Research - Perspective for the 21st century